堅実女子ニュース&まとめ 女性の利用者も増える予感! 気になる“ウェアラブル端末”購入者は●●頻度の高い人

腕時計やリストバンド、メガネなど、さまざまなアイテムが登場しているウェアラブル端末。気になっている! という人も多いのではないでしょうか。GfK Japanの調査によると、かねてより注目度が高かったApple Watchが発売されたことにより、2015年4月のウェアラブル端末の販売台数は前年同月比は約2.1倍に。

ウェアラブル端末とは?

日常的に体に装着し、搭載されているセンサーを利用して心拍などのライフログを収集し、スマートフォン等と連携する機器のこと。電話やメール、SNS等の確認や操作が行える「スマートウォッチ」、運動時の記録・計測に特化した「スポーツウォッチ」、歩数や睡眠時間、消費カロリー等を記録・管理する目的で手首に装着する「リストバンド型」などに分類されます。

約2割の人が「購入したい」意欲アリ

ウェアラブル端末の購入意向について12, 034人を対象に調査したところ、「購入したい」と回答した割合は「スマートウォッチ/スポーツウォッチ」で20%、「リストバンド型」で17%となりました。

kenjo_20150709_02

購入意向者が使用したい機能については、「時計機能」「歩数や移動距離等の計測」「消費カロリーの計測」がトップ3に。その一方で、スマートフォンとの連携を想定した機能への回答割合は低めとなりました。
また、購入していない理由としては、「価格が高い」に次いで、「使いこなせない」「使用用途のイメージが湧かない」などが上位にあがっています。“多機能さ”がウェアラブル端末の魅力でもありますが、使いこなせるかな……というハードルとなっていることが伺えます。

▼ウェアラブル端末、主なユーザー層は?

1 2