堅実女子ニュース&まとめ どうなる2020年のハロウィン?イベント参加はできなくても、楽しみたい人はむしろ増えている

10月といえば、ハロウィンシーズンです。例年渋谷などでは仮装をした若者が集い、今でいうところの“密状態”で大騒ぎをします。しかし今年は新型コロナの影響で、例年通りにはいかないことは間違いありません。今年のハロウィンは縮小傾向?しかしアンケートをみると、意外な傾向がみえてきました。

例年イベントやパーティに参加している人は、今年も自粛せず?

株式会社モンテールでは「ハロウィンに関する意識調査」を実施。こちらによると2020年のハロウィンに「何かしたい」と考えている人は28.9%だそうです。さらに昨年のハロウィンで「何かした」と回答している人は21.9%で、コロナ禍にかかわらず7%上昇していることが分かりました。意外と今年のハロウィンに対するモチベーションは高いのです。

ハロウィンに対するやる気度は、コロナ禍でむしろアップしているようです。

しかし新型コロナウイルスの影響により、例年にぎわっている大規模なハロウィンイベントは、軒並みオンラインによる開催となる模様。ホームパーティも、気軽に開催できる情勢ではありません。となると、今年のハロウィンは何をしたいと考えている人が多いのでしょうか?同調査による結果は次の通りとなりました。

「子どもに仮装」も1.6%アップ。コロナ禍だからこそ気分だけでも盛り上がりたい?

赤いグラフがコロナ禍の2020年で、グレーのグラフがコロナ以前の2019年。どちらも一番多かったのは「ハロウィン用のおやつを食べる」ですが、今年に入って急増しているのが「ハロウィンらしい食事をする」。さらに「ハロウィン用の料理やお菓子作り」も増加しており、今年のハロウィンは“食”にこだわる人が多いことが分かりました。

1 2