堅実女子ニュース&まとめ 副業を本業にしたけれど、コロナ禍で大誤算!自称フリーライター女子の困窮~その1~

新型コロナウイルスによる社会全般の変化、これによって人々は多かれ少なかれ影響を受けています。仕事がなくなった、人生計画の変更を余儀なくされた、実家に帰れない……悩みの種類はそれぞれですが、なかでもお金にまつわる悩みを抱えるアラサー女子に取材を試みました。

工場勤務からライターへ

塩田かな恵さん(仮名・34歳)は来月のカードの請求額が10万を超え、払える目途が立たずに困っているようです。来月振り込まれる予定のお給料は5万。それなのにリボ払いの総額が100万円だったりと、たいへん厳しい生活を送っています。

何のお仕事をされているか尋ねると、フリーでライターをしているとのこと。それにしてはお給料が少なさすぎる気もしますが……どうやら今回のコロナ禍により、仕事がなくなってしまったそうです。

「あまりライティングの仕事には影響がないかなと思っていたのですが、とんだ間違いでした。“コロナの影響を受けたので、契約を終了します”みたいなメールが送られてきました。ちょうど緊急事態宣言真っ只中あたりの話です」

ライターはコロナとあまり関係がないと思われがちですが、意外とクライアントによっては打撃を受けていることが多いそう。そこから経費を削減するために、業務委託の人間は切られてしまうのです。

「私はウェブ記事を書いているのですが、ウェブ関係の仕事はコロナと無縁のように思えました。けど、とんだ間違いでしたね」

元々かな恵さんは、どんな記事を書かれていたのでしょうか?内容を詳しく聞こうとしますが、「ブログ記事とか」「まぁ色々です」と濁されてしまい、ハッキリとは答えてくれません。

「もう本当に生活が厳しいです。このままではライターを廃業しなきゃならない。せっかく(ライターに)なったんだから、もう少し頑張らなきゃと思って仕事を探したけど、全然見つかりません」

ライターになる前は食品工場で働いていたと言います。工場勤務からライターという異業種への転職、なぜそうしようと思ったのでしょうか?

「前の職場は3社目だったのですが、大学卒業はずっと工場勤務。名前の全く通らないFラン大学だったし、資格も何もないから就職先が見つからなかったんです。特別なスキルも持っていなくて。パソコンもあんまり触れないから事務にも転職できない。だから工場にこだわり続けて、転々としていました」

しかし年齢を重ねると共に、労働量の多い仕事は体力的に厳しくなっていくもの。かな恵さんは最後の工場では日勤と夜勤を繰り返し、勤務中にぎっくり腰を起こしてしまったのです。

「それが工場勤務を辞めようと思ったきっかけ。その時は32歳で、もう体力が20代の時とは違うと実感しましたね……。昔からぎっくり腰は二回ほどやらかしていたので、これを機に座ってできる仕事を考えたんです。その時、ふとフリーランスのライターが思い浮かびました。まずはクラウドソーシングに登録し、副業として挑戦してみたんです」

1 2