堅実女子ニュース&まとめ 自分が家事を「よくやっている」と感じる夫は約6割!それに対する妻の本音は…

世界の先進国と比較してもかなり低いといわれる、日本男性の家事参加率。これまで多くのビジネスマンは「仕事で忙しい」という大義名分がありましたが、コロナ禍で在宅勤務が増えたことにより、その理由も説得力がなくなりつつあるように感じます。

その一方で男性自身は家事参加をしたくても、妻にダメ出しをされて意気消沈するのもよくある話。また男性は「家事をよくやっている」と感じていても、妻はそう思っていないケースもあり、夫婦における家事分担は一筋縄ではいかないようです。

夫が家事を「よくやっている」と感じる割合に、夫婦間でギャップあり

今回ご紹介するのは、みんなのマーケット株式会社が実施した「夫婦間の家事分担の理想と現実」に関するアンケートです。こちらで男性自身による家事に対する自己評価と、女性から夫に対する評価をそれぞれ比較。その結果は以下の通りです。

男性の家事を「全然やってないと思う」と答えた男性3.4%に対し、女性は18.5%。このギャップは厳しい……。

男性自身で家事について、「よくやっていると思う」「どちらかと言えばよくやっていると思う」と回答した人の合計は59.6%。しかし女性の夫に対する評価で同様に回答した人の合計は、40.1%となりました。つまり、夫と妻では19.5%のギャップがあるのです。

思い通りにならない夫の家事、妻はどのくらい許容すべき?

なぜ、このようなギャップが生じてしまうのでしょうか?それは同調査による「パートナーにやって欲しいと思う家事は何ですか?」の質問に対する男女それぞれの自由回答を見ると、なんとなく答えが見えてくるように感じました。

●「パートナーにやって欲しいと思う家事」に関する自由回答

「お願いしないと気付かない。自分の部屋は自分で掃除機をかけてほしい」(60代・女性)

「一番トイレを汚す人がトイレ掃除しないのは解せない。洗剤の詰め替えやトイレットペーパーの入れ替えなど、細かいことが丸投げなのもじわじわ苛つく」(40代・女性)

「ゴミを捨てに行くのはいつもしてくれますが、部屋中のゴミを集めて袋を補充するところまでやって欲しい」(40代・女性)

「料理してくれるのはありがたいが、散らかってる、出しっぱなし。キッチンは特に汚れるから掃除までやって欲しい」(40代・女性)

1 2