コラム 美人がマッチングアプリに挑戦|初日に95%の高相性! マッチングしたいい感じの彼、進め方が分からずにいたら…

ライターの高木沙織です。

2020年9月1日、マッチングアプリの登録を済ませてから2週間が経ちました。

★マッチングアプリを始めた経緯はコチラから★

前回はアプリのプロフィール登録に四苦八苦した話しでしたね。そしてその日、私は唯一ひとりの男性に「いいね」を押したのだけれど……。その後進展はあったのでしょうか?

操作ミスで「いいね返し」連発!

アプリ登録初日の私はお昼から友人・あやぱんとランチをしていたこともあり、その存在をキレイさっぱり忘れていました(通知もオフにしていたし)。外出自粛期間を経て約6か月ぶりの再会ですから話しは尽きません。お互いどう過ごしていたのかとか、共通の友人の話しで時間が経つのがあっという間。

食後のコーヒーを飲む頃に、最近の私の恋愛の話題になると。

「実はマッチングアプリ始めたんだよ、しかも今日登録したの。ちょっとプロフィール見てくれる?」

メチャクチャ真剣に見てくれている、あと私に「いいね」をしてくれた男性のプロフィールも。

「この人、うーん……沙織ちゃんにはちょっと違うかな」

頼りになる、もうあやぱんに選んでもらいたい!

あやぱんと私は大人になってから出会った友人同士なのだけど、同い年で共通点が多く何よりふたりとも大のビール好き。コロナウイルスが流行する前はしょっちゅう一緒に飲んでいました。いつも私のことをしっかり見て、考えてくれている彼女だからこそマッチングアプリのことも話せたんですね。……がしかし、そのあやぱん、サクサクと指を動かしていき何人めかの男性のページのところでまさかの操作ミス!

“マッチング成立しました!おめでとうございます!”って。

「ちょっと待って、違う違う! どうやって取り消すの?」

アワアワと焦る私たち。どうやら一度押した「いいね」は取り消せないらしく、ごめんなさいだけど気を取り直します。次の男性のページへ……、ここでまたあやぱん、「いいね返し」の連発。もうちょっと笑えてきます(悪気はありません!)。当たり前だけど、アプリを使いこなせていないあやぱんに笑えてくるという意味です。

食後のコーヒータイムにマッチングアプリをチェック。

「いいね」をしてしまった方へ、本当にすみません。

「えー何これ、どこ触ったらこうなっちゃうの?」

もちろん私にも分かりません。ふたりとも分からない、マッチングアプリ恐るべし。その場でページを閉じようとスマートフォンを受け取ると、なんと画面にはちょっといい感じの男性が。

1 2