堅実女子ニュース&まとめ 【コロナ不倫】真面目夫が貯金200万円を使い込み、11歳娘に知らされた真実と家庭崩壊の序章~その1~

誕生日ケーキの前で、猫耳をつけて笑う夫の写真

夫のクローゼットをガサ入れすると、デパートの紙袋の中に避妊具、相手からのメッセージカード、セクシーな女性用の下着、香水などが入っていた。

「血の気が引いたのは、夫の宝物が入っている収納ケースをあけたとき。ここには、私が室内に飾ることを禁止している夫のコレクションを保管しているのです。フライフィッシングの道具、クルマの模型、昔のアニメの本などの中に、真新しいアルバムがありました。これは夫と浮気相手とのデートのアルバムで、32枚の写真が入っていたのです。それを全て取り出して、4枚ずつ並べてスマホで撮影し、夫のLINEに送りました。もちろん、既読スルーされましたが」

写真を見せていただくと、女性は年上のようですが、童顔で巨乳。印象的だったのは、比較的クールだという紀美子さんの夫が、猫耳をつけて、誕生日ケーキの前で笑っている写真。

「家で笑った事なんてほとんどないのに、すごくうれしそうな顔をしている。これはマジで許せないと思いました。この夫の笑顔を見たときに、200万円の使い込みがわかった瞬間以上に、指先からサーッと血が抜けていく感じがしました」

夫は中肉中背で真面目だけが取り柄の男だという。酒もたばこも好まず、堅実で着々と仕事をする。28歳のときに友人の紹介で知り合い、なんとなく結婚し、29歳で娘を産んでから、紀美子さんは順調に人生の駒を進めてきた。

「ワンオペで育児をしたのも、鈍感な夫に文句を言わず生活していたのも、すべては将来の安定のため。穏やかな生活って、何物にも代えがたいと思うんです。30代の頃は、“私もトキメキが欲しい”と思った事もありましたが、トキメキなんて浮かれたことを言っていたら、生活は維持できない。いろんなものを押し殺していたのに、夫だけ楽しい思いをしているのは許せない。夫の浮気がわかった時に、それまで順調に走っていた電車が、気が付けば脱線していたように感じていたのです。あの絶望感というか、築き上げたものの虚しさというのは、想像を絶する。それまで浮気が原因で離婚したという話を聞いても、“そこまでしなくてもいいんじゃない?”と思っていましたが、そうでもしないと済まされない大事件だということがわかりました」

共働きの夫婦と、成績優秀な一人娘……順風満帆な家庭を築いていると思っていたが……。

11歳の娘が、浮気相手のことを知っていた!?~その2~に続きます

1 2