堅実女子ニュース&まとめ 日本でも大注目の「BTS株」ってどんなもの?高騰時の半値になった今、知っておきたい基本情報を解説!

10月15日 、BTS(防弾少年団)が所属するビッグヒットエンターテインメント(以下ビッグヒット)が韓国取引所に上場しました。ビッグヒットの8億2,000万ドル(約863億円)規模のIPOは、韓国においてここ3年のうち最も大きい規模のものとなりました。一方で、上場から数日経った10月20日時点での終値を基準とした時価総額は6兆1769ウォン。15日の終値基準の時価総額と比較すると、2兆5,500億ウォン(2,360億円)以上減少しています。

大幅下落が続いているBTS株(写真はイメージです)。

上場以来、世界中で話題となっている“BTS株”について、詳しく見ていきましょう。

ビッグヒットの株式の基本情報

市場:韓国証券取引所
銘柄名:Big Hit Entertainment(ビッグヒットエンターテインメント)
ティッカー:352820(各株式の銘柄につけられた番号)
公開価格:135,000ウォン
初値:270,000ウォン
日本で取り扱いのある証券会社:SBI証券

ビッグヒットの時価総額は初値で8,800億円

ビッグヒットの株式は15日のIPO後、27万ウォン(約2万5,000円)の初値を付け、時価総額は8,800憶円程度まで膨れあがりました。その後株価を下げたものの、この日のビックヒット株の売買代金は、1995年以降のIPO株の初日売買代金ランキングで歴代1位となりました。

ビッグヒットは社員や幹部にもストックオプションを付与しており、株式を保有することが可能です。この上場は社員にとっても、ビッグヒットで働く大きなインセンティブとなったことでしょう。

当然BTSのメンバーも株式を保有しており、このIPOにより一気に大富豪の仲間入りをしたと言われています。とはいえ、既存の株主は数か月から一年株を売却できない制度「ロックアップ」が適用されます。既存株主がすぐに株式を売却することで起きるである市場の混乱を防ぐ目的があります。

そのため、BTSメンバーや社員たちは、IPOにより資産価値が上昇した株式を引き続き持っているという状態になるでしょう。

1 2