堅実女子ニュース&まとめ 若さゆえ?飲み会減少の影響?20代の約2割がコロナ痩せしていた

新型コロナウイルスの影響によって求められる新しい生活様式。不要不急の外出を避け、外出の際はマスクを装着。さらに以前ながら何気なくやっていた親しい人との飲み会やお茶なども、簡単にはできなくなりました。こういった生活により感染リスクを減らすことができますが、それによる体への変化もあるようです。

コロナ太りよりもコロナ痩せをする人が多い20代男性

今回ご紹介するのは、株式会社プラネットによる「コロナ流行下におけるダイエットに関する意識調査」。コロナ禍では外出自粛による運動不足が起こりやすく、その影響によって体重が増えてしまう“コロナ太り”が増えているといわれてます。では実際、どのくらいの人がコロナ太りをしているのでしょうか?同調査による結果は次の通りとなりました。

男女別で見ると「コロナ太り」は男性よりも女性のほうがかなり多いことが分かります

全体を見ると、新型コロナウイルス流行前とくらべて体重が「増えた」と回答した人は26.5%。一方「減った」と答えた人は11.6%で、約1割はコロナ痩せをしていることが分かりました。

そして興味深いのが、性別と年代順による調査データ。「減った」に該当するオレンジ系のグラフを見ると、男性と女性20代のみ飛びぬけて多いのです。男性に至っては、コロナ太りをした人の割合は16.6%に対し、コロナ痩せをした人は21.9%。痩せている人のほうが多いことがわかりました。

基礎代謝が激しい20代は、多少完食しても太らない?
1 2