堅実女子ニュース&まとめ 【コロナ出産】彼は妻と不妊治療中!?アラフォー派遣社員が歩む、シングルマザーの道~その1~

新型コロナウイルス感染の影響で、妊娠する女性の数は激減した。

厚生労働省によると、1~7月に自治体が受理した妊娠届の累計件数は前年同期に比べて約2万8000件の減少。5~7月の累計では前年同月比11.4%減になり、少子化はさらに加速。

しかし、出産している女性もいる。

コロナ禍中の出産はどのように行なわれたのだろうか……7月に男子を産み、シングルマザーになった、アラフォー女性の話を伺った。

相手は既婚者…コロナのおかげで誰にも知られずに出産

戸塚春美さん(仮名・40歳・派遣社員)は、現在3か月の息子の母だ。子どもの父親は、有名IT関連企業勤務の38歳の男性だという。しかし、その男性は春美さんが母になったことを知らない。

さらに、その男性は妻と結婚10年であり、数年にわたる不妊治療を行なっているという。妻との間に、子供はいない。

「息子の父親は、私が派遣されている会社の“社員さん”です。コロナで在宅勤務になっているから、妊娠していることを誰にも悟られずに産むことができました。この点においては、コロナに感謝です」

春美さんは現在40歳で、生後3か月の息子を育てている。現在は、都内の実家に住んでおり、両親ともに孫の誕生を喜んでいる。

まずは、コロナ禍で妊娠が判明し、どのような過程で出産まで至ったのかを伺うことにした。

「息子は7月生まれです。おそらく妊娠したのは2019年の10月。このときに、彼は仕事も妊活もうまくいかなくて荒れていた。当時、品川区内で一人暮らしをしていた私の家に何度も遊びに来ていたので、おそらくその時に妊娠した」

春美さんは、彼以外に心当たりはないという。しかも、彼とは交際すらしていない。

「お互い遊びというか、“肌が合う”というか。恋愛感情がほぼなくとも、自宅でお酒を飲んで映画を観て、じゃれ合いながら、他愛もない話がしたいお年頃だったんですよ。わざわざおしゃれしたり、相手からどう思われるか気にしたりするのが、めんどくさい。お互いに年をとって、たまたま気が合っただけの関係」

帰宅ついでに春美さんの家に寄り、コンビニ弁当と発泡酒で時間を過ごす

1 2