堅実女子ニュース&まとめ 名づけにも”鬼滅旋風”到来!?「義勇」に「蜜璃」、「凪」も増加。2020年赤ちゃんの名前ランキング

社会現象となっている『鬼滅の刃』人気。なんと、その影響は赤ちゃんの名づけにも影響しているようで……!?

“キメハラ”(鬼滅の刃ハラスメント)なんて言葉まで誕生してしまうほど!

今回は、株式会社ベビーカレンダーが実施している赤ちゃんの名前に関する調査結果をご紹介します。2020年に生まれた子ども16万1321人を対象としたこの調査、今年の名づけの傾向は?

鬼滅ブームで“レトロネーム”人気がさらに過熱?

11回目となる同社の名前調査において、近年、人気継続中の名前は、古風で日本的な趣を感じる“レトロネーム”なのだそう。大ブームを巻き起こしている『鬼滅の刃』の舞台は大正時代。こちらもレトロネームの人気を後押ししていると考えられます。

『鬼滅の刃』に登場する人気キャラクター「冨岡義勇(とみおかぎゆう)」と同じ「義勇」という名前の男の子は、昨年0人だったのに対し、今年は4人に増加。かわいらしい女性キャラクター「甘露寺蜜璃(かんろじみつり)」と同じ「みつり」という読みの女の子は、0人から7人に増えています。

さらに、男女共に順位が急上昇したレトロネーム、「凪(主なよみ:なぎ、なぎさ)」にも注目。男の子では、一昨年はTOP100圏外、昨年93位でしたが、今年は24位に大きくランクアップ。女の子では一昨年74位、昨年55位でしたが、今年は27位と、徐々に順位を上げてきています。
「凪」は、風や波が静まることを意味する漢字。上記にもある『鬼滅の刃』の人気キャラクター「冨岡義勇」が使う技の名前が「凪(なぎ)」であることから、これまでより身近な言葉・漢字として定着しつつあるのかもしれません。

このような傾向を踏まえて、2020年の赤ちゃんの名前ランキングTOP10を男女別にチェック!

1 2