堅実女子ニュース&まとめ コロナ禍の忘年会、参加するなら「オンラインより対面希望」が7割!リスク最小限で開催するには?

現在、全国の新型コロナウイルス感染者は増加傾向にあります。冬に向けての第三波は最小限に抑えたいところですが、年末に向けて仲間で集まるイベントも増えていく時期。もちろん今年はコロナ禍で自粛をする人もたくさんいると思いますが、ゼロにはしたくない……。

コロナ禍の本音……飲み会だけはオンラインだと物足りない

例年であればそろそろ職場などの忘年会が企画され、幹事が店探しに動き出す頃かもしれません。しかし今年は事情が大きく変わっており、感染リスクを考慮して開催しないケースも多いのではないかと思います。また開催するとしても、十分な感染防止対策は必要。そうなるとやはり、オンラインでの忘年会は有効なのでしょうか?

しかし株式会社スペースマーケットが会社員を対象に実施したアンケートによると、職場の忘年会に参加する場合に希望する参加方法の7割は「対面開催を希望」という結果に。オンラインを希望する人は、わずか3割となっているのです。

忘年会に参加することになった際、対面とオンラインどちらがいい?

対面開催を希望する……33.3%

どちらかというと対面開催を希望する……36.7%

どちらかというとオンライン開催を希望する……17.6%

オンライン開催を希望する……12.4%

緊急事態宣言中に広まり、定着したかと感じたオンライン飲み会。しか少しずつ本来の生活が戻ってくると、やはり対面で飲み会をする良さを再認識してしまうのでしょうか?それであれば、対面での飲み会でもできるだけ感染リスクを下げる開催方法を模索する必要があると感じます。

オンラインの乾杯はやっぱり物足りない!?
1 2