堅実女子ニュース&まとめ 「人とうまくいかない人にはいい」「精神的ストレスがない」。ストレスの少ない仕事ランキング1位の意外な職業とは?

栄えある1位に輝いたのは「倉庫・工場での作業」。そして2位は「事務職」となっています。正直、どちらも地味目の仕事のように感じますが、どんな点がストレスが少ないと感じる人が多かったのでしょうか?経験者より寄せられた具体的な意見をみてみましょう。

「1人で黙々と作業する仕事なので、精神的なストレスが全くなかった」(40代 女性 ピッキング)

「特別な技能が必要なく、成長する必要もない。雇い主も優秀な人材を求めるわけではないのでラク」(30代 男性 倉庫作業)

「ある程度マニュアル化され、その通りにやれば特に問題は発生しないから」(40代 女性 一般事務)

「ノルマもないし、依頼された仕事を基本は一人でパソコンに向かって作業できるから」(20代 女性 広告代理店の事務)

人と関わる必要がそれほどなく、特別な技術や技能も必要ない。確かにそれだけみれば責任もなくストレスがなさそうに感じます。が、特別な技術や技能が必要ないということは、裏を返せば「誰でもできる仕事」。人によってはそこがストレスになりそうな気もします。

一方3位は「販売職」。人と関わることが主な仕事ですが、どういった点でストレスが少ないと感じたのでしょうか?こちらも経験者の意見をご紹介します。

「特にノルマがあるわけでもなく、お客様とお話をすることが楽しかったから」(30代 男性 メガネ販売店)

「厳しいノルマがなく、人と喋るのが好きだったため」(20代 女性 アパレル販売)

ポイントは「人と話すのが好き」「楽しい」と感じること。またほかの回答でも「飲食店の接客」「受付/案内業務」と、人と関わる仕事がランクインしています。こういった人はおそらく、人と関わらず黙って作業することにストレスを感じるのかもしれません。

事務職もある程度のスキルは必要です。

仕事はその人の適正によって、ストレスを感じかどうかが決まってきます。会社の人事異動によって自分の適性に合わないところへの配属が決まることもありますが、それ以外であれば自分で仕事を選ぶことができます。まずは自分の適性を見極める。これがストレスを軽減する第一歩だと思います。

調査主体:Biz Hits
調査対象:全国の働く男女
調査期間:2020年10月17日~29日
調査方法:インターネットによる任意回答
調査人数:532人(女性339人/男性184人/未回答9人)

1 2