堅実女子ニュース&まとめ 「やりたい仕事」に就いている人は約半数!やりたくない仕事でも楽しく感じる方法とは?

自分がやりたかった仕事に就いている人と、そうではない人。理想は当然前者ですが、さまざまな事情があって後者の人も大勢いると思います。実際、自分がやりたかった仕事に就けた人は、どのくらいの割合で存在しているのでしょうか?

半数近くの人はやりたかった仕事に就いているわけではない

株式会社ビズヒッツが働く男女500名を対象に実施したアンケートによると「今の仕事は自分がやりたかった仕事」と回答した人は53.0%だそう。約半数が自分の夢や希望を叶えることができていることが分かります。

やりたかった仕事がそもそもない人も一定数いるのでは?

しかし「自分がやりたかった仕事ではない」と回答した人も47.0%と半数近い数値に。自分の希望ではない仕事をしているケースは、決して少数派とはいえないようです。

では、自分がやりたかった仕事とそうではない仕事をしている人で、「仕事が楽しい」と思う割合に差はあるのでしょうか?同調査ではそれぞれ「仕事が楽しい」と感じている割合を調査したところ、結果は次の通りとなりました。

やりたかった仕事でも、楽しくない人は2割います。

グラフをみると違いは明らか。自分のやりたかった仕事をしている人は80.0%が「とても楽しい」「どちらかというと楽しい」と回答。一方やりたかった仕事ではない人はちょうど半分の40.0%にとどまっています。やはり自分のやりたかった仕事をしている人のほうが仕事を楽しめる傾向にあり、逆の人は6割の人が「楽しくない」と感じてしまうようです。

1 2