堅実女子ニュース&まとめ 「やりたい仕事」に就いている人は約半数!やりたくない仕事でも楽しく感じる方法とは?

仕事が楽しいを感じるポイントは「感謝」と「仕事がうまくいく充足感」

とはいえ、自分がやりたかった仕事ではない人にもそれぞれ事情があり、簡単に仕事を変えるわけにはいかないケースも多いと思います。また、おそらく一定数は「やりたい仕事が特にない」という人もいるでしょう。そういった人が仕事を楽しむには、どうしたらいいのでしょうか?そのヒントとなりそうなランキングをご紹介します。

仕事が楽しいと思うときは?

1位 感謝されたとき……88人

2位 仕事がうまくいったとき……85人

3位 顧客や社会に貢献できたとき……40人

4位 人と関わっているとき……32人

5位 職場環境・人間環境がよいとき……24人

6位 仕事をやりきったとき……22人

7位 仕事じたいが楽しい……21人

8位 評価されたとき/上司に褒められたとき……17人

9位 ノルマや目標を達成したとき……15人

10位 人の成長を感じたとき……11人

圧倒的に多かったのは「感謝されたとき」および「仕事がうまくいったとき」。これらは自分がやりたかった仕事ではなくても、そういったことが起こることは可能なのではないでしょうか?そこで、同調査に寄せられた具体的エピソードも併せてご紹介します。

●感謝されたとき

「お客様に楽になったと喜んでもらえたり、その後の変化を教えてもらったとき」(30代 女性 セラピスト)

「お客様から『解決できて良かった』『丁寧に教えて頂いてありがとう』などの温かい感謝の言葉を頂いたとき(40代 男性 PCのユーザーサポート)

●仕事がうまくいったとき

「お客様の要望を実現し、次の仕事につなげたとき」(40代 男性 システムエンジニア)

「自分の考えがそのまま通り、スムーズに図面が仕上がったとき」(50代 男性 設計事務所)

自分がやりたかった仕事ではなくても、まずは仕事で結果を出す。それによってお客さんや上司から感謝されたり、仕事がうまくいった充足感で「仕事が楽しい」と思えるようです。

どんな仕事でもやりがいを見出すことはできます。

【調査概要】
調査主体:株式会社ビズヒッツ
調査対象:全国の働く男女
調査人数:500人(女性292人/男性206人/未回答2人)
調査期間:2020年10月17日~10月19日
調査方法:インターネットによる任意回答

1 2