堅実女子ニュース&まとめ コロナの影響はお年玉にも!? 過半数の親が「お年玉もキャッシュレス」に賛成

2020年も残すところ1か月を切りましたが、いまだ新型コロナウイルスは収束の兆しをみせません。年末年始の帰省についても普段と異なる様相になりそうななか、2021年のお年玉はどのようになるのでしょうか?

お年玉もキャッシュレスの時代に!?

総合マネースクールのファイナンシャルアカデミーが全国の子を持つ男女300名を対象に実施した調査からは、これからの時代のお年玉の姿がみえてきました。

「キャッシュレスのお年玉」コロナを機に賛成派が増加

過去2年間に実施した同調査では、賛成派が30%台だったのに対し、2021年はお年玉のキャッシュレス化を肯定的に考える人が増加。

お年玉のキャッシュレス化について、「とても良いと思う」が10%、「まあ良いと思う」が41%と、過半数の人がキャッシュレスのお年玉に対し肯定的な考えを示しています。これは新型コロナウイルスの影響もありそうです。

【賛成派の理由】
1位: 支払いが便利(23人)
2位:コロナ関連(衛生面・帰省ができない)(21人)
3位:現金や財布を持ち歩かずに済む(19人)
4位: 時代にあっている(18人)
5位: ポイントが貯まる(10人)

【反対派の理由】
1位: お金のありがたみ、価値がわからない(60人)
2位: 伝統だから、情緒がない(20人)
3位: セキュリティが不安(12人)
4位: 現金のほうが使いやすい(5人)
5位: キャッシュレスは使いすぎが心配(2人)

キャッシュレスでのお年玉賛成派は、昨年までの 「支払いが便利」という声に加え、今年は新たに、新型コロナウイルスに関連した「非接触なので感染リスクを軽減できる」「帰省自会えなくても贈ることができる」といった声も聞かれました。一方、反対派は「お金のありがたみ、価値がわからない」という意見が、圧倒的多数となりました。

実際にキャッシュレスでお年玉をあげる人は、未だ1割

そこで実際に、2021年のお年玉はどのようにあげるつもりなのかをたずねたところ、「キャッシュレスであげる」という人は全体の約1割に留まりました。過去に行われた同調査と比較すると「キャッシュレスでお年玉をあげる」と回答した人は、2019年は4%、2020年は7%であったため、わずかな増加傾向が見られました。

「お年玉をキャッシュレスであげる」と回答した人にその理由を聞いてみました。

1 2