堅実女子ニュース&まとめ 「お財布の中がスッキリした」の声も……意外!?シニア層の約7割がキャッシュレス派になっていた

長らく現金主義の人が多数を占めていた日本。しかし国をあげた普及事業の効果か、キャッシュレス決済の普及がかなり進んだように感じます。また気軽に導入できるスマホ決済アプリの台頭もあり、 キャッシュレス決済に対応する中小規模の店舗も増えているようです。

キャッシュレス決済の増加は新型コロナの影響も大!

その一方で気になるのは、長らく現金に親しんできたであろう高齢者の方々。スマホ決済アプリもスマホに慣れ親しんでいなければ、なかなか使いこなすのは難しいのではないでしょうか?

しかし三井住友カード株式会社が実施したシニア世代のキャッシュレスに関する意識調査によると、「1年前に比べて、キャッシュレス決済が増えた」と回答した高齢者は全体の58.8%だそう。さらに最もよく利用する決済方法は「キャッシュレス決済」(49.0%)となっていました。現金以外のキャッシュレス決済と現金決済の割合で比べてみると現金派が32.6%でキャッシュレス派が67.4%。今や高齢者でも約7割がキャッシュレス派なのです。

「スマホ決済」を利用している高齢者は、わずか0.4%しかいませんでした。

なぜここ1年で増えたのでしょうか?その理由を調査したところ、以下のような結果となりました。

ここ1年でキャッシュレス決済が増えた理由

キャッシュレス決済ができる店舗が増えたから……65.8%

キャッシュレス・消費者還元事業があったから……40.6%

オンラインショッピングの機会が増えたから……33.6%

便利だと気付いたから……29.2%

お得なキャンペーンが多いから……22.8%

新しい生活様式で推進されているから……16.4%

サインレスのお店が増えたから……12.1%

1 2