堅実女子ニュース&まとめ 働く主婦の3人に1人が、年末年始の長期休み案に反対する理由とは?

気付けばもう12月、あっという間に年末年始がやってきます。今年はコロナ禍で何かと規制が多く、苦しい1年でした。年末年始も例年通り動けないという人が多いでしょう。

そんな中、政府は10月末に「年末年始の帰省や旅行を分散させるために、今年は1月11日まで休暇を延長するよう企業に申請する」と発表して話題になりました。「休みが増えてうれしい!」と感じている人がいる一方で、意外と「困る!」「反対!」と言う意見も多く、思った以上に不評だとか。そこで今回は、株式会社ビースタイル メディアが働く主婦620名に行ったアンケートをもとに、年末年始のリアルな悩みについてまとめてみました。

年末年始に帰省しない人は60%、そのうち3割が「今年は帰省しない」と回答

「2020年、年末年始は帰省しますか?」と尋ねたアンケートによると、「帰省しない」と答えた人は全体の60%。そのうち例年は帰省しているが今年は帰省しないという人が約半数の30.6%でした。一方、「帰省する」予定の人は約27%。そのうち帰省先が都道府県外という人は7.3%でした。あと1ヶ月で年末に差し掛かりますが、「まだ帰省を迷っている」という人も13.2%いました。

時期をずらして帰省を考えている人は意外と少なく3.4%。

この結果を見ると今年は帰省を諦め、自宅で過ごそうとしている人が増えていることがわかります。また今年は帰省に限らず、ぎりぎりまでいろいろな予定が決めにくいのが現状のようです。

ではみなさん「年始休暇の延長」案には賛成をしているのでしょうか?

今年の年末年始は帰省ラッシュが緩和されるかも!? 
1 2