堅実女子ニュース&まとめ 便利だけどちょっと疲れる……ビジネスチャットの困りごと6つ

メールよりも気軽にやり取りできて、複数人での会話も容易なビジネスチャット。最近は、社内外でのコミュニケーションや連絡手段のツールとして利用する企業も増えています。
一方で、簡単につながってしまうことによる「チャット疲れ」や、利用ルールのあいまいさによる「マナーへの不安」などを感じている人も多いのではないでしょうか。

うまく使いこなせるようになりたい……!

そこで今回は、株式会社ビズヒッツが実施した「ビジネスチャットの悩み」についてのアンケート調査の結果をご紹介します。

仕事でチャットを利用している10~60代の男女221人のうち「ビジネスチャットをするうえで悩みがある」と回答した人は49.8%と、全体の半数近くにのぼりました。具体的にどんな悩みがあるのか聞いたところ、次のようなお悩みがあげられました。

ビジネスチャットの悩み1位は「会話のテンポが合わない」

【会話のテンポが合わない】

・複数人でチャットする際、自分と相手の既読や書き込みのタイミングに時差が生じて用件が混在する(30代 男性 受付)
・文字を打っている間に相手がどんどん打ち込んできて、会話にならないことがある(50代 男性 システムエンジニア)
・相手が文章を考えているのか、こちらの反応を待っているのかがわからない(20代 女性 カウンセラー)

最も多かったのは「会話のテンポが合わない」という意見でした。「スピードについていけない」という声や「通信や既読表示にタイムラグが生じる」、「文章がわかりにくく、理解するのに時間がかかる」といった点があげられました。反対に「相手の反応が遅くてもどかしい」という意見も。互いにペースを合わせる努力をすることが必要ですね。

【言いたいことが伝わりにくい】

・うまく伝わらなくて何回もやりとりをし、予想以上に時間を費やすことがある(40代 女性 コンサルティング会社)
・文を書くのが苦手なので、簡潔に用件を伝えるのが難しい(20代 女性 事務職)

チャットは短い文章でのやりとりが基本のため、文章を簡潔にわかりやすくまとめることに苦労している人が多いようです。
文面を考えるのに時間がかかったり、言いたいことがうまく伝わらず、何往復もやりとりしてしまうとの声も。なかには、簡単な連絡事項はチャット、込み入った話は電話と使い分けている人も。

【言葉づかいに悩む】

・どのくらいまでかしこまった文章にすればいいか、いつも悩む(30代 女性 WEBライター)
・ビジネスライクな上司とのチャットでは「あれ?もしかして怒ってる?」と心配になってしまう(30代 女性 学習塾の事務員)

チャットは「お忙しいところ恐れ入りますが…」「もしご都合がよろしければ…」のようなまわりくどい言い回しが不要で、メールよりフランクにやりとりできるのがメリットであるものの、明確なルールやマナーがないため、「砕けすぎると失礼かも」「ほんとに挨拶抜きでも大丈夫?」と悩んでしまう人も。
一方で、簡潔な文章は冷たい印象を持たれがちなので、キツイ言い方になっていないか気になってしまう人も多いようです。

1 2