堅実女子ニュース&まとめ ズボラ女子にもオススメ!塩と砂糖と水だけで美味しくなる、魔法の調理法知ってる?

どこでも手に入る身近な食材で、美味しく、しかもカンタンに作れる調理法。毎日、忙しく働く堅実女子なら、誰もが知りたくなりますよね。

塩と砂糖で作るだけ。

それがズバリ、「塩糖水(えんとうすい)」。聞き慣れないワードですが、読んで字のごとく!塩と砂糖を水に混ぜた液体に食材を漬けるだけ。それだけで美味しくなるんです。

「肉は加熱すると筋原線維タンパク質が変質し、収縮ともともと保持していた水分の流出が起こり、固くなります。それが、塩糖水に漬けることで、まず塩が浸透し、筋線維をほぐし、筋線維間のスペースを広げてここに水分を蓄えます。そして、保水性の高い砂糖がフタの役割をはたして水分を閉じ込めてくれるので、肉のなかにしっかり水分を保ち、焼いたり煮たりしたあとも、ふっくらジューシーに保てるんです」

と、この調理法を提唱する、上田淳子さん。しかも、塩糖水に漬けておくと、表面の汚れや雑菌を落とすことができ、臭みを取ることができるのだとも。保存性も高まるので、漬けたまま冷蔵しておけば、肉は4、5日、魚も2、3日新鮮さをキープすることができます。

塩糖水の作り方

ポリ袋で簡単に作れます。

塩糖水の基本的な分量は、肉や魚200〜300gに対して塩(粗塩)小さじ2/3(約3g)、砂糖大さじ1/2(約5g)、水100ml。ポリ袋に塩、砂糖、水を入れて巾着状に上部を寄せ、袋を振って溶かします。袋に少し空気が入っていると振りやすいですよ。

冷蔵庫で3時間以上おいて。

その袋のなかに肉や魚を入れ、全体に液が行き渡るようにならします。空気を抜いて口を縛り、冷蔵庫で3時間以上おきましょう。焼く、炒める、揚げるときは水気をしっかり拭きます。油はねもなく、焼き色がきれいにつきます。茹でる、煮る場合は、軽く水気を切る程度で十分です。

この塩糖水に漬けるだけでできちゃう、簡単レシピをご紹介しましょう。

1 2 3