堅実女子ニュース&まとめ 森山未來、北村匠海、勝地涼が演じる、三者三様に追い込まれた男たちに萌える!--映画『アンダードッグ』

『百円の恋』の監督&脚本家が再びタッグを組んだ映画『アンダードッグ』。前・後編が同日公開され、全8話の配信版も2021年1月1日よりABEMAプレミアムで独占配信されます。森山未來、北村匠海、勝地涼という、それぞれに俳優としての強力な武器を持った3人が、ぎりぎりまで人生に追いつめられた男たちを演じる、そんなボクシング映画です!

『アンダードッグ』

『アンダードッグ』
(配給:東映ビデオ)●監督:武正晴 ●原作・脚本:足立紳 ●出演:森山未來、北村匠海、勝地涼、瀧内公美、熊谷真実、水川あさみ、風間杜夫、柄本明 他 ●11月27日よりホワイトシネクイント他にて〔前・後編〕同日公開

【あらすじ】
元日本ライト級1位のボクサーでありながら、いまでは“かませ犬”としてリングに立ち続ける末永晃(森山未來)。妻の佳子(水川あさみ)は息子を連れて出て行き、デリヘル嬢の送迎で日銭を稼ぎ、借金まみれの父(柄本明)と暮らしていた。そんな晃に、お笑い芸人の宮木(勝地涼)とのエキシビジョンマッチへの依頼が。番組側からは、八百長試合を指示される……。

追いつめられた男たちによるボクシング映画

ボクシング映画が好きだ――。そんな女子は、少数派かもしれません。殴り合うのとか意味わかんない! そっちの方がフツーの感覚なのかも。でもスポーツとしてのボクシングには、無条件に人の心を引きつける強烈な磁力があります。パンツ一丁の人間が殴り合い、相手を倒した方が勝ち! というあまりにシンプルな人と人との拳を介在した対峙には、“でも”も“もしも”もないストレートな説得力に満ちています。そんなスポーツが映画の主軸となり、そこに至るまでの人間ドラマが緻密に構築されたときの爆発力ときたら! つくりものの限界を軽~くドバっと超えていきます。

『アンダードッグ』は、その入り口からそそるボクシング映画です。安藤サクラの超絶リアルな役づくりにヤラれた映画『百円の恋』の武正晴監督&足立紳脚本コンビで、主演はダンサーとしても本物の実力者である森山未來。

つまりボクシング映画のツボを知り尽くしたつくり手が「こんどは男が主人公のボクシング映画を!」と動き出し、その主軸に高い身体能力を誇る森山を指名したのです。しかもタイトルはその名もずばり、“アンダードッグ(=かませ犬)”。スター選手を輝かせるためにはじめから負け犬の役回りを与えられる、ヤラれ役のボクサーのことです。めっちゃそそるぜ! と思わせる立ち上がり。そしてそこには、どうにもならないいまを生きる3人の男が登場します。

まずは森山未來演じる主人公、末永晃です。かつては日本タイトルマッチのリングに上がるほどのボクサーでしたが(結局は負けたけど)、それから7年後、頭のてっぺんから足の指の先までどっぷりと落ちぶれています。つぎに、北村匠海演じる龍太。人懐こい性格で、晃に影響を受けてボクシングを始め、やがて頭角を現すのですが、そんな彼の背後にはじっとりと暗い過去が張り付いています。3人目は勝地涼演じる宮木。ギャグのスベり具合もリアルなハンパなお笑い芸人で、無謀な挑戦をけしかけられ、負けたら引退! というバラエティ番組の企画でボクシングに挑戦します。

晃(森山未來)と龍太(北村匠海)。ファイト!
1 2