堅実女子ニュース&まとめ 雑談ネタにも使える!? ラジオが次の行動につながる傾向が高いのは10~20代と判明

みなさんは普段どのようにラジオを楽しんでいますか? 車で、自宅で、スマホで……ラジオを聴くスタイルも時代とともに変化してきています。そこで、トレンド総研が行なった「ラジオ聴取」に関する意識・実態調査の結果から、現代のラジオ聴取についてみていきましょう。

ラジオ聴取、10~20代はスマホ利用者が多数

同調査は、月に1回以上ラジオを聞く15~69歳の男女500人を対象に実施。まず、ラジオを聴くデバイス、方法については、自宅では「ラジオ(据え置き型)」(34%)が最も多く、次いで「パソコン(ネットラジオ利用)」(22%)、「ラジオ(携帯型)」(17%)と続きました。外出先では半数以上が「カーラジオ」(57%)で聴き、次いで「スマートフォン(ラジオアプリ利用)」(18%)となりました。

kenjo_20150810_01

これを年代別にみると、10代は自宅と外出先いずれでも、「スマートフォン(ラジオアプリ利用)」が他の年代と比べ圧倒的に多いことが判明。従来型の「カーラジオ・カーオーディオ」での聴取は車の所有率との関係もありますが、新しいデバイスでのラジオ聴取は、10代を中心として若年層の間で着実に根付きつつあります。

ラジオ聴取時間&接点、約3人に1人が「増えた」と回答

インターネットラジオやラジオアプリが登場し始めた5年前と、日本国内で本格的なスマートフォンが登場し始めた10年前とを比較して、ラジオを聴く時間やラジオに接する機会が変化しているかどうかについては、「変わらない」という答えが多かったものの、10年前と比較すると30%が「増えた」と回答。
年代別では、特に20歳代に多く見られ、10年前と比較して46%、5年前と比べ50%が増えたと感じています。その一因としては、スマートフォンの普及やラジオアプリの登場によって、ラジオと接する機会が増えたことで、これまであまりラジオを聴いてこなかった層が興味関心を抱くきっかけになっているのではないでしょうか。

kenjo_20150810_02

▼ラジオを聴いた後、あなたはどんな行動をする?

1 2