堅実女子ニュース&まとめ 実はデメリットの方が多い!? 社内恋愛すると大変な理由6つ

「ひそかに同僚に恋している」とか「上司とこっそり付き合っている」とか・・・仕事が行くのが楽しみになってしまう社内恋愛。公私ともに近くにいられる社内恋愛にあこがれを抱いている人も多いはず。でも意外と社内恋愛経験がある人って少ないってご存じ? 東晶貿易株式会社が20代~40代の男女2,401人に行ったアンケートによると、約7割の人が「社内恋愛の経験がない」と答えていることがわかったのです。

ではなぜ社内恋愛にあこがれる人が多いのに、経験者が少ないのでしょう。社内恋愛に踏み切れない理由があるのでしょうか? 今回は社内恋愛のアンケートをもとにそのデメリットをまとめてみました。

社内恋愛経験のきっかけNo.1は「なんとなく・流れで」

社内恋愛に関するアンケートをしたところ、「社内恋愛の経験がある」という人は31.5%。その人達にきっかけを聞いたところ、「なんとなく・流れで」という人が26%で最も多いことが判明。同じ時間に仕事を共有しているなかで、気がつけば恋愛に発展しているというケースが多いようです。次いで「飲み会・お酒を通じて」が21%、「食事を通じて」が10%。仕事でかかわりがなくても、飲み会や社員旅行などで知り合うパターンも少なくないのかもしれません。

ちなみに「その他」には、「一目ぼれ」(40代後半男性)、「同期の子のキューピット役でアレコレ聞き出してたら、自分が好かれてしまった」(30代後半女性)、「体調不良で看病してもらった」(40代前半女性)などの意見も。やはり同じ職場というだけで、親近感がわきますし、お互いの生活が見えるので安心感があるのかもしれませんね。

社内恋愛の相手は「同僚」や「上司でない先輩」が約3割

では社内恋愛の相手は誰が多いのでしょうか? 付き合った相手を尋ねてみると、「同期」が最も多くて30.1%、次いで「上司ではない先輩」が29.7%、「部下ではない後輩」が21.8%でした。悩みを共感できたり、一緒にいる時間が自然と増える「同期」はやはり恋愛に発展する機会が多いのかもしれません。

■社内恋愛について、付き合った方を以下から選んでください。(N=757)
・同期 30.1%
・上司ではない先輩  29.7%
・部下ではない後輩  21.8%
・上司  21.7%
・部下  13.7%

バレないように恋愛を楽しむ…そのスリルが社内恋愛の醍醐味という人も。
1 2