堅実女子ニュース&まとめ なぜ他人事みたいに言う!?大掃除に夫から言われたらイラっとくる言葉1位は?

コロナ禍で身動きがとりにくい年末ですが、大掃除だけは気兼ねなくできます。今年は外出もあまりできず時間もたっぷりありそうですが、それでも1年でたまった汚れを落とすのは大変な作業。結婚している人は夫に手伝ってもらうことでスムーズに進めたいところですが、実際はなかなかうまくいかないようです。

夫は五分五分で大掃除を分担していると考えているが…

実際、結婚している夫婦の大掃除分担はどのようになっているのでしょうか?株式会社グラフィコが実施した調査によると、妻側は39.3%が「すべて・ほとんど自分がやっている」と回答していることが分かりました。それに続くのも「配偶者は家族と分担していて、自分がやる分担が多い」。全体の4割はワンオペ、3割は「自分のほうがやる分担が多い」と妻は考えているようです。一方夫側はどう考えているのでしょうか?調査結果は以下の通りとなりました。

高い位置の場所の掃除や、重い家具を動かしたりする大掃除。女性よりもむしろ男性のほうが向いていそうですが……。

夫側で「すべて・ほとんど自分はやらない」と回答した人はわずか6.0%。「配偶者は家族と分担していて、自分がやる分担が少ない」も24.3%にとどまり、妻の感覚と大きなズレがあることが分かりました。

さらに同調査では妻と夫に「あなたのご家庭の昨年の大掃除(2019年年末の大掃除)での、あなたご自身と配偶者の貢献度をお答えください」と質問。それぞれの貢献度比重に対する夫の平均回答は「妻5.3:夫4.7」だったのに対して、妻の平均回答は「妻7.3:夫2.7」だったといいます。夫はだいたい五分五分の認識なのに対し、妻は「7:3で自分のほうが多い」と感じているようです。

この夫婦の感覚のズレは、そのまま普段の家事分担でも共通していそうです。
1 2