堅実女子ニュース&まとめ 【コロナ不倫】「いつか死ぬなら後悔なく」仕事一筋女子が手に入れた、禁断の果実~その2~

2020年10月8日、経団連は少子化対策の推進に向けた緊急提言を発表。その背景には、新型コロナ感染拡大で婚姻数が減少していることがある。

政府の人口動態統計速報をひもとくと、今年1~7月の婚姻は前年同期比14.7%減。少子化の加速につながることが懸念されている。

コロナ以降の恋愛や結婚事情について、本誌は取材し続けている。佐藤夏美さん(仮名・39歳・IT関連会社役員)は、コロナを機に、10年間の恋愛休止期間を終わらせ、現在は既婚者男性4人と同時に恋愛をしている。

【その1はこちら

感染リスクを避けて、不倫する

夏美さんがコロナ渦中に連絡をしたのは、2歳年上の元カレ。大学の先輩で、夏美さんが最初に交際した男性だ。彼は穏やかで優しいエリートで、大学教授の息子として知的な環境で育てられた人物で、潔癖なところがあった。

「だから、彼に断られたら、恋愛再開は止めようと思ったんです。まあ、不倫と言っても私の場合は、妻バレしたときのリスクを考えて、慰謝料の相場である60万円が使えることを確認してから連絡をしましたから。もちろん、女性向けの性産業があるとは知っているのですが、知らない人に対する気持ち悪さがあったし、私は女としてとか、肉体的に満たされたいのではなく、人間的に尊敬されながら受け入れられたい。そうなると、元カレ一択なんですよね」

SNSのメッセンジャー機能を使い、彼に連絡をする。会いたいことを伝えると「いいよ」と。彼はリモートワークの日に、都心のホテルにこもっており、そこに遊びに行くことにした。

「あのときは新型コロナが怖かったから、ドアノブを拭いてから中に入り、すぐに服を脱いでシャワーを浴びたんです。彼にマスクをつけさせてから抱き合いました。キスはせず、距離をおいて近況を話し合った。仕事も忙しかったので、ササっと行為に及び、すぐにシャワーを浴び帰宅。コロナが怖いことに気を付けていたから、ろくに集中できなかったのですが、まあそれなりに楽しかったです」

彼の妻は専業主婦で、小学生の子供が2人いた。

「まあ、そうですよね。久しぶりに会ったら、歳もとっていたけれど、前よりも穏やかで優しくなっていた。やはり落ち着くんですよね。一度、感染しないことがわかると、どんどん大胆になっていき、彼がリモートの日はホテルに行き、彼もウチに来るようになりました」

彼とは結婚してはいけないと思うから、同時進行で別の人と関係を持つ

1 2