ライフスタイル いくつわかる? 10代が選んだ「ハッシュタグオブザイヤー2020」発表

2020年もネット上では数々のトレンドが誕生し、話題となりました。若者の間ではTwitter、Instagram、TikTokなどSNSでの発信や検索が主流になっていることからも、まさにハッシュタグ(#)は流行の発祥地といえます。

「鬼滅の刃」を超えた第1位は!?

そこで今回は、バイドゥ株式会社が発表した「ハッシュタグオブザイヤー2020」をご紹介します。10代の男女2369人が、最も今年らしいと回答したハッシュタグをランキング化。堅実女子のみなさんはいくつご存知でしょうか!?

10代が選ぶ「ハッシュタグオブザイヤー2020」TOP10

第1位 #ツイステ

今年を代表するハッシュタグ第1位は【#ツイステ】が選ばれました。スマートフォンゲーム『ディズニー ツイステッドワンダーランド』、通称「ツイステ」。ディズニー作品の悪役たち(ヴィランズ)をモチーフとしたキャラクターが登場する学園アドベンチャーゲームで、10代の心を掴んでいます。
主に「ツイステのガチャで推しが出た時」、「インスタにグッズの画像をあげる時」などに使われていました。

第2位 #縄跳びダンス

日韓オーディション・プロジェクトで1万人の中から選び抜かれた9人組のグローバル・ガールズグループ、「NiziU」(ニジュー)のプレデビュー曲「Make you happy」のミュージックビデオでメンバーたちが踊る【#縄跳びダンス】が第2位にランクイン。
「友達と一緒に縄跳びダンスを踊った時」や「InstagramやTikTokなどで動画をアップする時」に多く使ったそうです。

第3位 #おうち時間

第3位は【#おうち時間】。ステイホーム中や休校中、自分なりのおうち時間の楽しみ方を発信する際に使われました。

1 2