堅実女子ニュース&まとめ 真の時計通は価格やデザイン性を重視していない!?希少性と”資産価値”のある、最強のメンズ時計って?

ロレックス「デイトナ」ステンレススチール

前述した2つの時計に負けず劣らず購入しづらい、ロレックスの「デイトナ」ステンレススチール。定価は150万円以下と、比較的手が届きそうな価格帯。だからこそ購入できる層が幅広く、希少性が高まっています。

日本の男性にも人気の高い、ロレックス。

デイトナの正式名称は「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」。砂浜でカーレースが行われていたフロリダの「デイトナビーチ」が由来とされています。

このネーミングからも、スイス発祥のロレックスがアメリカのマーケットを意識して作られた時計であることがわかりますね。

本当の時計通は「資産価値」で時計を選ぶ

有名な時計ブランドは数多く存在しますが、定価で買った瞬間にプレミアムがつく時計はそう多くありません。そのため、真の時計通は価格やデザイン性よりも、将来的な資産価値に重きを置いて時計を選んでいます。

また、実用性という意味を超えて、職人の技への賛美や男性のロマンを追い求める目的で時計を選ぶ男性も少なくありません。

身近に高級時計を身に付けている男性がいたら、見た目の華やかさよりもその資産価値をチェックしてみることで、その人の“時計通レベル”がわかるかも。

文/山根ゆずか

1 2