堅実女子ニュース&まとめ 長距離運転のガス欠に要注意!ガソリンがどのくらい減ったら給油する人が多い?

気が緩む?家族と同乗でマスクをつけないドライバーは約6割に

続いてご紹介するのは、同調査による運転中のマスク事情に関してのアンケート。自分で運転をするときや、自分以外の人を乗せるときのマスク着用状況について調べたところ、以下のような結果となりました。

子どもや年配者をのせる場合、約4割がマスクを着用しています。

1人で運転している時は74.5%の人がマスクを外していることが判明。1人であれば他者からの感染リスクはゼロなので問題はないと思いますが、気になるのは自分以外の人を乗せるとき。家族以外の人を乗せるときは58.6%と半数以上の人がマスクをしていますが、家族だとマスクをしている人は32.1%に。家族が同乗者だと気が緩む人が多いことが分かります。車の中は狭い空間なので、窓を開けなければ密の状態となります。こまめに換気をすればいいですが、冬場は冷たい空気が入るので、つい怠ってしまうもの。家庭内感性が増えている昨今、もう少し運転中のマスク着用を見直したほうがいいのではないでしょうか?

同乗者が寝ると、ドライバーも眠くなってしまうケースが多いので要注意です。

コロナのリスクを回避するのはもちろんですが、とにかく長距離運転で注意したいのは事故を起こさないことです。ドライバーはしっかり休憩をとりつつ、無理のない移動をお願いします。

【調査概要】
調査主体 :ソニー損保保険株式会社(https://www.sonysonpo.co.jp/auto/)
調査対象 :ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする
自家用車を所有し月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女
(10代・20代、30代、40代、50代、男女各125名)
調査期間 :2020年10月23日~10月26日
調査方法 :インターネット調査
調査地域 :全国
有効回答数 :1,000サンプル(有効回答から1,000サンプルを抽出)
実施機関 :ネットエイジア株式会社
調査協力会社 :ネットエイジア株式会社

1 2