ライフスタイル 【麺喰い女子】こってりラーメン好きなら絶対好きな味!「天下一品」家麺で作る鍋は想像を超えるおいしさ

麺喰い女子の皆さん、ラーメンを食べていますか?

今回ご紹介するのは“こってり一筋49年”を謳う、京都発のラーメンチェーン「天下一品」。キャッチフレーズ通り、鶏がらベースのこってりしたスープは時代を問わず、多くのファンに愛されています。実は今、この天下一品のテイクアウト用ラーメン「家麺」が大きな注目を集めているのをご存じでしょうか?

天下一品のお持ち帰り用ラーメン「家麺」は今年4月にリニューアル。チャーシューなどが入っている「具あり」バージョンもあります。

天下一品オススメの鍋アレンジ「天下一品こってりちゃんこ鍋」レシピをご紹介

「家麺」は天下一品の各店舗で購入できるほか、公式サイトの通販でも販売。つまり近くにお店がない人でも購入することができます。こちらはもともと天下一品ファンの間でも「店で食べるラーメンと同じ!」と評判でしたが、最近SNSでにわかに盛り上がっているのが、家麺でつくる「天下一品鍋」。天下一品のこってりとしたスープをベースに具材を入れて楽しみ、シメに麺を入れるというものです。

家麺 こってり4食セット 3030円(税込)です。

とはいえ、ラーメンのスープと鍋スープでは、適した濃度に違いがあります。天下一品のこってりスープをそのまま鍋のスープに使用したら、明らかに濃すぎるのでは……?いざ作るとなると、そんな疑問に突き当たる人も多いと思います。

そこで今回は、天下一品がおすすめしている「天下一品こってりちゃんこ鍋」のレシピをベースにしてつくってみることに。麺喰い女子の皆さんもぜひ参考にしてください。

天下一品こってりちゃんこ鍋のレシピ(1人前)

「家麺」スープ…1パック

かつおだし…300CC

濃口醤油…15CC

化学調味料(味の素)…1g

田舎味噌…20g

ラーメンだれ…1 袋

(具材)

豚バラ・牛もつ・豚肉団子(つくね)・焼き豆腐・油あげ・しめじ・白菜・もやし・ニラ・白ねぎ・麺

「家麺」は通販で取り寄せをしました。まず入っているのはストレート中太麺と、濃厚なこってりスープ、そしてラーメンだれ、からし味噌、にんにく薬味です。通常、からし味噌とにんにく薬味は卓上に置かれている、いわゆる“味変”アイテム。こちらは鍋を食べるときの味変に使ってみました。

家麺はチルド品なので冷蔵庫で保存してください。

今回、筆者は家麺4人分のこってりスープとラーメンだれをすべて使い、合計4人分を想定してつくることに。まずはレシピ通りの材料を入れ、沸騰させます。ちなみに通常ラーメンを作る際に指定されている水の量は150ml。つまり濃度を半分にして醤油や味噌、かつおだしでコクを出すイメージです。また「田舎味噌」とは麦麹みそのことですが、ご家庭にある味噌で充分だと思います。

見た目は天下一品のラーメンスープそっくりです!

続いて具材を投入。公式で推奨されているのは上記の通りですが、筆者は豚バラ、白菜、豆もやし、豆腐を入れてみました。そしてしばらく沸騰すると、ニオイは完全に天下一品のラーメンと同じ(笑)。これでまず第一形態は完成です!

今年の冬は野菜が安いので、ぜひおすすめ。ちなみにこちらの白菜(1/ 4 カット)はスーパーで59円でした!
具材をやや入れすぎてしまいました…。
1 2