【貧困女子】元商社OL、ダメ男に貢いだ金は2000万円~その1~

【貧困女子】元商社OL、ダメ男に貢いだ金は2000万円~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちの体験談。なぜそうなってしまったか、そしてその後の人生を追ったレポートです。

今回お話を伺ったのは、元商社OLの松田亜衣さん(仮名・38歳)。都内の有名短期大学を卒業し、大手商社に一般職として入社。12年間勤務したのち、自主退社という形で退職。 

現在は、食品工場、お弁当屋さん、介護施設のスタッフとして職場を掛け持ちして、月15万円を稼いでいます。住んでいるのは東京都葛飾区の築50年の一戸建て(家賃4万円)。川のそばの平屋木造一戸建ては、ゴキブリやネズミなどがよく出没し、夏は暑く、冬は極寒。白アリが住んでいるのか、床も傾き、体調も思わしくないと言います。

過酷な環境の古民家に5年も住んでいるという松田さん。体型は中肉中背で、インタビュー当日は青と白のストライプのシャツに、ベージュのチノパンツを履いています。持ち手のヌメ革が真っ黒になったルイ・ヴィトンヴェルニのミニトート(ピンク)からは、100円均一で売っていそうなプラスチックのドリンクタンブラーが。喫茶店のテーブルを挟んで座っているのに、全身から揚げ物の匂いが漂ってきます。

「今、朝は立ち食いそば屋さんのチェーン店の工場で働いていて、300枚かき揚げを揚げているから、やっぱり匂いがしますよね。私、元々商社OLだったんですよ。短大を出てから、一般職で入社して、12年間働きました。退職時の年収は500万円以上ありましたね。あのままずっとあの会社にいればよかったのですが……」

松田さんが前の会社を辞めたのは、元カレに貢いでしまったこと。彼はどんな人だったんですか?

「ホントに素敵な人ですよ。私、29歳までまともに付き合った男性がいなくて。彼とは、友達に誘われた合コンで出会いました。当時、34歳のIT関連会社の社長で、身長が180cmで、谷原章介さんに似ていて、すごくモテました。渋谷の南平台のリノベーションマンションに住んで、ポルシェに乗っていたんですよ。まさに私にとって理想の王子様。初対面で“この人と結婚したい”と思いましたが、恋愛経験が浅い私には何もできず、一次会で帰宅。家に帰ってPCを開いたら、当時やっていたSNSの『mixi』のメッセージで、彼から“会いたい”と連絡が入ったんです」

▶▶▶▶元カレは1回20万以上のデートを続けた

1 2
運勢 その1 アプリ 恋愛 占い 美人探偵 アラフォー 不倫 アラサー キャリア 金運 結婚 恋愛運 恋愛講座 婚活 貧困女子 セカンド 浮気事件簿 浮気 仕事運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。