堅実女子ニュース&まとめ やっぱり夫は気づいていなかった……。妻が夫に本当にやって欲しい家事とは?

一都三県で緊急事態宣言が発令され、再び在宅勤務が増えています。それによって再び家事分担を見直す夫婦も増えていると思いますが、夫の在宅時間が長くなることで家事分担がうまく回るケースと、逆に悪循環になるケース。夫婦によってさまざまなです。

夫が積極的に取り組む家事の上位は「ゴミ出し」と「買い物」

ビースタイルグループでは働く主婦層を対象に「夫の家事・育児」に関するアンケートを実施。こちらによると、夫の家事に「満足」「不満はない」と回答した人は53.5%と半数以上となっています。

コロナ禍でも「家事・育児を全く行っておらず不満」という人も13.6%います。

では2020年を振り返り、夫は具体的にどんな家事を積極的に取り組んでいたのでしょうか?同調査による上位の回答をご紹介します。

2020年に夫が積極的に取り組んでいた家事

ゴミ出し……43.7%

買い物……43.1%

掃除や片付け……33.5%

料理……27.5%

洗濯……27.1%

家族の送り迎え……17.5%

子どもの遊び相手……15.4%

子どもの入浴……13.2%

名もなき家事全般……11.9%

特になし……11.1%

上位を占めているのは「ゴミ出し」と「買い物」。この2つは夫が担当する家事としてかなり根付いているようです。その一方で「名もなき家事全般」とは、夫の脱ぎっぱなしの靴下を洗濯かごに入れたり、玄関で脱ぎっぱなしの靴を収納したりといった類のもの。やったことにすら気づかれない些細な家事でも、積もり積もるとけっこうな労力となります。

1 2