堅実女子ニュース&まとめ ストレスの多い時代の癒しに!美術史を学んだタレント・和田彩花さんが教える「美術鑑賞のおもしろさ」

美術館の建物のデザインにも注目! お薦めの美術館は?

最近好きなのは、東京・京橋にある『アーティゾン美術館』。前身の『ブリヂストン美術館』の頃から好きでした。新しい建物は、空間が美的でモダンになっているので、あの空間にいるだけでも楽しいんです。

入る前から、ワクワクできる外装のアーティゾン美術館。
吹き抜けが気持ちが良い館内は、モダンな内装。

とにかくコレクションが素晴らしいんです。美術館がコレクションしている作品は、常設で観られるのですが、アーティゾン美術館は、そのコレクションが豊かです。

常設展示の中にも小さな企画があって、この前は印象派の女性画家の、メアリー・カサット(アメリカの画家)とか、エヴァ・ゴンザレス(フランスの画家)の作品を並べていたんです。

常設なのに定期的に展示が変わったり、詳しく紹介する意気込みが素晴らしいと思うんです。昨年は、現代アートで『ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり』という特別展が展示されていたのですが、展示の中に、アーティゾン美術館収蔵品の絵画が、コラボレーションのかたちで一緒に展示されていたんです。鴻池さんの作品には、鹿のモチーフや、獣の毛皮が使われた作品があったのですが、常設の絵画には、鹿が描かれていたり、コレクションとの関連を持たせたものの展示がされていました。

まさに現代アートの中に昔の絵画があるという展示がされていて、それが堪らなく好きでした。

美術鑑賞のきっかけとなった、『三菱一号館美術館』にもよく行きます。丸の内というオフィス街に、洋館のような佇まいなのがかっこいいんです。まるで邸宅で見ているような気分になります。

外苑前にある『ワタリウム美術館』も、現代アートを観に行きたい時に行きます。建物自体が、有名な建築家によるもので、2階から4階まで吹き抜けになっているんです。エレベーターを使ってフロアを上っていくのですが、展示されるアーティストによって、まったく違う空間のような感じになるのも面白いですね。

館内でトークイベントを開催するなど、観るだけにとどまらないワタリウム美術館。

美術鑑賞が、日常生活の一部のようになっているという和田さん。そんな和田さんの、お薦めの美術館ですが、後半では、地方や海外の美術館をお聞きしています。

美術館のチラシを持って帰るだけでも、興味が広がりますよ!

外出の際にはマスクの着用、手洗い、うがいなど感染予防対策に気をつけて、お出かけください。
*美術館の営業日・時間に関しては、直接ご確認をお願いいたします。

取材/池守りぜね 撮影/横田紋子

1 2 3