堅実女子ニュース&まとめ CEOのイーロン・マスク氏が“資産19兆円”で世界一の富豪に!株価上昇が著しいテスラのビジネスモデルと快進撃を解説

2021年1月7日 、米電気自動車メーカー「テスラ」のCEOであるイーロン・マスク氏が、アマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏を抜いて世界一の富豪となりました。マスク氏の純資産額は、ニューヨーク時間午前10時15分(同日)時点でなんと1,885億ドル(約19兆6,000億円)。

日本でも今後拡大していくとみられる、電気自動車の需要。

今回は、マスク氏の経歴やテスラのビジネスについてご紹介します。

南アフリカ出身のイーロン・マスク氏の初ビジネスは12歳の時

世界一の富豪となったイーロン・マスク氏が、初めてビジネスにチャレンジしたのはわずか12歳のとき。コンピューターが大好きだったマスク氏は、自ら作成したビデオゲームを500ドルで売却することに成功しました。

その後、彼はカナダやアメリカで物理学や経営学を学びました。

そんなマスク氏も、若い頃は自分が何をしたいのかわかっていなかったとか。大学で学ぶうちに、世界に何か影響を与えることができるのではないかと考え始めたそうです。

PayPalの立ち上げから宇宙事業を始めるまで

ソフトウェア企業「Zip2」を立ち上げたのち、27歳でPayPalの前身であるX.comを共同で立ち上げます。1998年に開始をしたPayPalの事業は、2002年に約15億ドルでeBayに売却することに。この資金を利用して、同じ年に宇宙事業を行うSpace Exploration Technologies(SpaceX)を立ち上げます。

宇宙事業に情熱を傾けたマスク氏ですが、2008年頃からはロケット打ち上げに関して何度も失敗を経験することになります。資金が底をつきそうになる苦境を味わいながらも挑戦を続け、見事ロケット打ち上げを成功させるに至りました。

1 2