堅実女子ニュース&まとめ 40歳独身女子の新型コロナ闘病記。“鼻ほじり”が命取りに……戻らない味覚と嗅覚~その2~

1月8日、新型コロナウイルスの感染者が新たに2392人報告されたと東京都は発表。2度目の緊急事態宣言も発令され、街は再び重苦しいムードに包まれている。

身近にも発症している人はいるはずだが、実際にかかった人の話を聞く機会は少ない。会社はもちろん家族に伝えるのにも勇気が必要だと語る人は多い。

今回は、ウィルスに感染し、発症した島田百々子さん(仮名・40歳・フリーランスPR)に、お話を伺った。現在は都内の総合病院に入院しているが、体力も回復しており、電話の通話が認められている個室で、「新型コロナになったらどうなるか」を伺った。

【その1はこちら

その人の本質がわかった

12月26日発症、30日に入院し、現在もまだ入院中だ。

「正月休みの期間中で、仕事に影響が出なかったのはよかったといえばよかった。でも私は発熱する前日まで、普通に仕事をしていました。それこそ、会食は一切しなかったけれど、仕事上、人に会う機会もあります。どうしても会わなくてはいけないクライアントもいました。彼らに“新型コロナを発症しました”というのは、ものすごく勇気がいる。

でも、私が原因で、新型コロナが広まったら困ると思い、まずはメインの発注主に報告したんです。すると“なんでなったのよ。ホントに運が悪いわね”と吐き捨てるように言われました。次に、クリスマスに屋外テラスでお茶をした大学時代の友人に連絡しました。すると“大変だったね。でも私に会ったことは黙っていて。あと、私が新型コロナにかかったら、百々子からうつされたってことでいいんだよね”と、かなりきつい口調で言われて、相当ヘコみました」

百々子さんは独身で一人暮らし、かつフリーランスで働いていることがとてもよかったと言う。

「なってみて思ったのは、“新型コロナは連帯責任”になってしまうということ。結婚していれば、パートナーや子供が濃厚接触者になり、外出禁止になるなど、私がかかってしまったことによる影響がもろに出てしまう。家族が受験生や大きな仕事を控えているなら、絶対に禍根を残す。それにフリーランスなのもよかった。会社員でずっと同じ場所で仕事をしていたら同僚は出社停止になり、多大な迷惑をかける。他人様に迷惑をかけてしまうのは、とてもいたたまれない気持ちになっていたと思う」

百々子さんは、「新型コロナになって入院している」と10人以上の関係者に伝えた。

「人間の本質がわかるというか……自分が濃厚接触者になるかどうかを気にする人、“なんでなったの?”と質問する人などなど。ある後輩は“大変でしたね”と言い、私の病院あてに、好物のクッキーを送ってくれました。あれはとても嬉しかった」

驚く人、責める人、理由を聞く人、寄り添う人、「ふーん」という反応をする人、「できることがあったら言って」と言う人、「頑張って治して!」と励ます人……。

「おすすめ動画リストを送ってくれる人とかもいました。私が新型コロナにかかったことを聞きつけて、私好みのギャグマンガを教えてくれた人もいました。あれはありがたかったですね。自分では選べなかった『プリンセスお母さん』とか、笑いました。『ちびまる子ちゃん』とかね。マンガが読めるくらい体力が回復したのは、入院から1週間くらい経ってからかな。投薬が効いて、酸素マスク→酸素チューブになったあたりからです」

なぜ、新型コロナにかかってしまったのか……心当たりは?

1 2