堅実女子ニュース&まとめ 朝起きられない人は室温に問題があった!?スムーズに布団から出られる温度とは?

冬の寒い日、特につらいのは朝起きるときではないでしょうか?暖かい布団から出ると、部屋はすっかり冷え切った状態……。冬だから仕方がないと思ってそのまま放置している人も多いと思いますが、布団の中と室内の温度差が大きすぎると、体にかなりの負担がかかっているそうです。

起床時の室温は最低16℃、できれば20~20℃で快適に過ごせる

パナソニック株式会社 コンシューマーマーケティング ジャパン本部では、睡眠の専門医である坪田 聡先生に寒い冬の朝・起床時に気をつけたいことを伺っています。坪田先生曰く「日本建築学会によると起床時に室温が15℃を下回ると、60才の男性で高血圧になるという研究結果※1もある」とのこと。実際、住宅の健康被害に早くから着目している英国では、室温18℃を許容温度としているそう。そう考えると日本でも冬の起床時は、最低でも室温を16℃以上は保っておきたいところです。

さらに坪田先生は「信州大学の実験※2によると、起床1時間前に室温を20~22℃程度に暖めてから起床すると、日中の手足の皮膚温を冬でも高く保てる」といいます。つまり起床時に室温を高めることで、1日を快適に過ごせる効果も期待できるのです。

※1:「起床時収縮期血圧と室温のマルチレベル分析 住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査」日本建築学会

※2:「起床時寝室温が日中の手掌皮膚温に与える影響」信州大学

1 2