堅実女子ニュース&まとめ 冬に窓開け換気をするとき、エアコンはつけっぱなしでいい?こまめにオフすべき?

コロナ禍において、換気は必須。しかし、今の時期は窓を開けて換気をすると、屋外の冷たい空気が入りエアコンの電気代や部屋の温度と湿度の低下が気になります……。

ダイキン工業株式会社は「冬に窓開け換気をする場合、エアコンの運転はどうしたらいいの?」をテーマに、マンションの広めのリビングを使った実生活空間で、2つの調査を実施。
<窓開け換気に合わせてエアコンの電源を小まめにオン・オフした場合とつけっぱなしにした場合ではどちらの消費電力量が少ないのか>、<窓開け換気時の加湿の有無が、室内の湿度にどれほどの影響を与えるのか>についての調査結果をご紹介します。

※本調査は、1つの住宅を使用し、天気や気温などの条件が近い複数の日に実施したものです。そのため、厳密な同条件での比較ではありません。調査結果はあくまで今回の条件に基づくものであり、住宅やエアコン、気候によって結果は変わります。

冬の窓開け換気時に、エアコンをつけっぱなしと小まめにオン・オフした場合では、どちらの方が消費電力量は少なくてすむ?

冬の朝から夜の時間帯(7:00~23:00)に30分に1回、5分間の窓開け換気を実施。換気時にエアコンの電源を小まめにオン・オフ(換気時に電源オフ/換気後に電源オン)した場合と、エアコンをつけっぱなしにした場合の消費電力量を調査。

【結果】
冬に窓開け換気をする場合、エアコンをつけっぱなしにしたほうが、小まめにオン・オフするより消費電力量が少なくなり、電気代が1日で約14.5円下がりました。

つけっぱなしにしたほうが電気代は1日で約14.5円低く、室温は快適に維持することができました。

冬の朝から夜の時間帯(7:00~23:00)、30分に1回、5分間の窓開け換気をした場合、換気時にエアコンの電源を小まめにオン・オフした時の消費電力量は4.02kWh、エアコンをつけっぱなしにした時の消費電力量は3.48kWhで、窓開け換気時にエアコンをつけっぱなしにしたほうが消費電力量は少なくなりました。
電気代に換算すると1日で約14.5円下がったことに。室内の温度の推移を見ても、エアコンをつけっぱなしにしたほうが暖かく、窓開け換気をしても快適に過ごせそうです。

1 2