堅実女子ニュース&まとめ 大人気番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」がついに終了!稼ぎまくる彼らのビジネスや私生活をチェック

14年以上に渡り放映されてきた「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ(Keeping Up with the Kardashians)」が、今年の放送をもって終了することになりました。ラッパーであるカニエ・ウェストと結婚したキム・カーダシアンを始め、スーパーモデルのケンダル・ジェンナー、世界最年少ビリオネアとなったカイリー・ジェンナーなどがそのファミリーとして出演してきた大人気番組です。

今回は、カーダシアン家について深堀り! 稼ぎまくる彼らのビジネスについてご紹介します。

「リアリティスター」というジャンルを確立

テレビドラマ=フィクションであった時代を経て、個人や家族に密着してテレビを通じて放映するスタイルが人気を集めるようになった米テレビ業界。「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」もその流れに乗り、一般の人には想像もできないようなセレブの実生活を見せることで話題と人気を集め続けました。

これらのリアリティ番組から出てきたスターは「リアリティスター」と呼ばれ、カーダシアン家の面々はそれまでになかった新しいスターとしてのジャンルを確立していきました。

キム・カーダシアンは「パリス・ヒルトンの親友」という立ち位置だった

カーダシアン家の次女であるキム・カーダシアンがリアリティ番組を始めるきっかけとなったのが、当時大人気だったヒルトン家の令嬢、パリス・ヒルトンの親友として認知されたことでした。その後、パリスとは不仲説がささやかれたこともありましたが、最近ではキムのブランドの広告にパリスが登場。和解した様子を発信しています。

“パリスのおまけ”のような存在だったところからリアリティスターとしての地位を確立し、私生活を多くの視聴者と共有してきたキム・カーダシアン。今となってはパリスを凌ぐ人気と知名度を勝ち得ています。

キム・カーダシアンはビジネスでも成功!

キム・カーダシアンは、自らの名を関した「KKWビューティー」(KKWはKim Kardashian Westの略)というコスメブランドの株を72%保有しており、フォーブスによればその価値は約5億ドル(約520億円)と試算されています。

桁違いの資産をもつ、キム・カーダシアン。

キムの夫であるラッパーのカニエ・ウェストも「Yeezy」という自身がプロデュースするアパレルブランドの権利を保有しており、こちらの価値はなんと約1,300億円。エンタメだけでなく、夫婦で事業を大成功させている超パワーカップルです。

1 2