堅実女子ニュース&まとめ 気温差で「秋バテ」人口が増加!? 3つ以上当てはまったら注意が必要!

今年の夏は早くから気温の高い日が続いたり、朝晩の寒暖差が激しいなど、自律神経に負担がかかる気候となりました。実は、このような不安定な天候が続くと、身体には負荷が蓄積され、夏の不調が秋まで長引き「秋バテ」が深刻化する恐れが。
そこで、「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」が行なった「夏から秋の不調に関する意識調査」の結果とともに、タイプ別の秋バテ対策をご紹介します。

過半数以上が秋バテに! もはや国民病の「秋バテ」

意識調査の結果、半数以上の53.8%の人が秋に不調を感じていることが判明。そのうちの9割が、夏の不調が回復せず、秋になっても続いていると回答しています。その一方、夏には不調を感じず、秋になってから不調を感じる人は8.1%と少数派で、ほとんどの人が夏の不調を秋まで引きずっていることがわかりました。

この結果に対し、麻布ミューズクリニック名誉院長の渡邉賀子先生は、以下のように指摘。
「秋バテには、夏は元気に過ごしたのに秋になると燃え尽きたように不調が顕在化する「燃え尽き型」と、夏バテが回復せず秋にも不調を引きずる「だらだら不調型」の2タイプがあります。昨夏は「だらだら不調型」が多数派でしたが、秋バテのタイプはその夏の気候や、個人の体力によって異なるため、どちらのタイプも注意が必要です」

あなたは「燃え尽き型」? それとも「だらだら不調型」?

あなたは「燃え尽き型」? それとも「だらだら不調型」?

【燃え尽き型】
比較的体力があるため、夏バテすることなく、冷房下でも快適に過ごせる人が多い傾向に。夏場は不調が隠れていて自覚症状に乏しいものの、冷房や冷たい飲食物による冷えで、秋口に不調が顕在化します。まさに夏で体力が燃え尽きるイメージで、元気に夏を乗り越えたと思った矢先に不調があらわれるため、不調を感じていなくても、夏の過ごし方には注意が必要。

【だらだら不調型】
胃腸が虚弱気味で体力のない人が多く、夏バテしやすい上に、暑さが落ち着いても不調が改善しないまま、秋もだらだらと不調が続きます。これは、夏の高温多湿ストレスや室内外の気温差に加え、秋口の朝晩の寒暖差が要因となり、不調が長引きます。

では、実際に自分は「秋バテ」になりやすいタイプか、セルフチェックしてみましょう!

「秋バテ」危険度チェック

1 冷房が効いている部屋は快適に感じる
2 冷たい飲み物が好き
3 屋外でのレジャーが好きなほうだ
4 夏の入浴はシャワーだけの場合が多い
5 夏は素足でいることが多い
6 胃腸が弱い方だ
7 紫外線対策を怠りがち
8 普段過ごす部屋(家または職場)の冷房温度は 25 度以下
9 夏は果物をよく食べる
10 暑さ、寒さに弱い

3個以上当てはまると秋バテになるリスクが高め。特に1~5に○が多い場合は、「燃え尽き型秋バテ」になる可能性が高く、このタイプは夏場に自覚症状がなく、対策が遅れがちになるため、より注意が必要です。

▼「燃え尽き型」「だらだら型」それぞれのタイプ別秋バテ対策は次のページで

1 2