堅実女子ニュース&まとめ コロナ禍で義理チョコ文化の消滅危機!?約7割の人が「今年は贈らない」

堅実女子の皆さんは今年、バレンタインチョコは誰かにあげますか?コロナ禍で誰かにあげようにもその機会は限られそうですが、株式会社クリーマが実施したアンケート調査によると、コロナ禍でも「バレンタインのギフトを贈る予定」と回答した人が全体の84%に上っているそうです。

テレワークの影響大!職場でバレンタインギフトを贈る人は14.5%

では具体的に誰にあげる予定なのでしょうか?同調査による結果は次の通りとなりました。

家族からチョコレートをもらってもうれしいですよね。

圧倒的に多かったのは「夫・妻・恋人」(78.5%)。これらはいわゆる“本命チョコ”だと思われますが、コロナ禍でもそこは外せないと考えている女性が多いことが分かりました。それに続くのは「子供」(36.9%)、そして「自分」(21.3%)となっています。近年は自分が食べたいチョコを購入する「自分チョコ」が定着しつつあるといわれますが、このデータをみると確かにそれを感じます。

その一方で気になるのが14.5%の「職場」。長らく日本のオフィスシーンでは、職場のお世話になっている人に女性社員がバレンタインチョコをあげる「義理チョコ」の文化がありました。しかし今年はテレワーク中で、そもそも職場に行けない人も多数。果たしてコロナ禍の影響で義理チョコ文化は、どうなるのでしょうか?

店頭でチョコを選ぶのも楽しいのですが、今年は通販が主流?
1 2