堅実女子ニュース&まとめ コロナ禍のバレンタインデートをどう考える?女性の8割は「お誘いはしない」、男性の8割は「誘われたら外出する」

そろそろバレンタインシーズン。コロナ禍だし、正直外にも出ていないし、今年はバレンタインなんて気分じゃない!と思っているあなた、意外とコロナ禍だからこそねらい目かもしれませんよ! 

株式会社ZWEIが行ったアンケートによると、男性の8割がコロナ禍でもバレンタインデートに誘われたら外出すると回答。ちなみに女性は約8割がバレンタインのお誘いを予定していないことが判明。ということは、恋敵は減るし、意中の彼にはアピールしやすいのかも!? 

30代独身男性は47%がバレンタインデーを意識

なんだかんだいってもバレンタインデーが近づくと男性はどこかソワソワし始めるもの。そこで独身男性にどれくらいバレンタインデーを意識しているかを聞いたところ、約38%の独身男性が意識していることが判明。これを年代別で見てみると、30代男性は約47%が意識すると回答していることがわかったのです。

81%の男性がコロナ禍でもバレンタインデートに意欲的

外出はなるべく控えたいコロナ禍ですが、あえてバレンタインデートについて質問してみると、なんと男性の81%の方がデートに誘われたら外出することが明らかに。ちなみに年代別で見てみると、 20代はほとんどの人が「外出する」と回答。一方、30代・40代は 「外出する」と答えた人が約75%にとどまり、若干自粛気味であることがわかりました。

女性はバレンタインにやや消極的。約8割がデート検討なし 

男性が予想以上に積極的な回答だった一方、女性はコロナ禍のバレンタインなので自粛する傾向があるようです。アンケートによると女性は全体の78.5%がバレンタインデートのお誘いをしない予定と答えていることがわかりました。

ちなみに、自粛傾向がある女性に対し、バレンタインデーのために何か特別なコロナ対策をするかと尋ねたところ、「何もしない」という人が約6割だったのに対し、「インターネットで購入する」「日にちをずらして渡す」「会えるなら購入する」といった対策をきちんと考えている人も一定数いました。特に年代別で見ると、50代の方は「インターネットでチョコレートを購入する」という回答が多く、約半数がチョコレートの買い出しでさえ外出を控えていることがわかったのです。

意中の彼がいる人は勝負するいいタイミングかも!?
1 2