堅実女子ニュース&まとめ 40歳独身女子の新型コロナ体験記 退院後の後遺症について「激やせ、味覚・嗅覚は鈍く、10日目に脱毛」~その1~

1月7日に2度目の緊急事態宣言が発令され、会社や友人関係にも感染者が増え始めたと感じた人は多い。

ここでは新型コロナウィルスに感染し、発症した島田百々子さん(仮名・40歳・フリーランスPR)に、お話を伺った。

百々子さんは、2020年12月26日に発熱。39℃の熱が出て、28日には40℃になり、30日に自ら119番をして大病院に救急搬送される。31日にレムデシビル(抗ウイルス薬)とデカドロン(ステロイド製剤)の併用治療を行った。

その後、白血球の数値が低下。さらに自分の細胞が細胞を攻撃する「サイトカインストーム」が起こり、死の一歩手前まで行くが、一命をとりとめる。入院から15日目に退院。退院から12日目に、後遺症についてお話を伺った。

発症から入院までの体験記はこちら(https://suits-woman.jp/kenjitsunews/176492/)

病院での最新治療など入院時の体験記はこちら (https://suits-woman.jp/kenjitsunews/177556/)

体重は9kg減、生命維持には太っていた方がいいと実感

百々子さんの入院は15日間だった。その後の生活について伺った。

「私の場合、15日間ほぼ、歩いていなかったので、筋力の衰えが激しく、最初の2日間くらいは、坂や階段をやっとのことで上がり、ぜえぜえいって、筋肉痛に苦しめられていました。でも、これは4日目くらいには元の体に戻りました」

よく言われている「倦怠感」についてはどうなのだろうか。

「根性論に聞こえるかもしれないけれど、私の場合、15日間も入院してしまったので、本当にやることが溜まっており、私が起きて動かないことにはどうにもならなかった。今後の信頼が一気に吹っ飛ぶと思うと、多少だるくても立ち上がってパソコンを叩いたり、電話をしたりしていました。そんなことをしていたので、倦怠感を感じる暇はなかったです」

15日間の入院で、9キロほど体重が落ちていたという。

「痩せたのではなく、肉がごそっと落ちたという感じ。私は160cmで50kg前半と、普通体型というか、この年齢にしては細身のほうだったんですが、家で体重を測ると45kgを切っていた。入院中は、嚥下が苦痛で飲み込めなくなり、栄養の摂取を点滴に頼っていたので、仕方ないです。ただ、ここまで耐えられたのは、細身とはいえ、ある程度の体重があったからだと思うんです。

昔、ダイエットサプリメントのPRを手掛けたときに、“美容体重”というのを出してもらったことがあるのですが、退院時はその体重と同じでした。

でも、鏡を見ると、げっそりと肉が落ちて、顔がシワっぽくなっている私が映っていた。40歳を超えると、小太りぐらいがちょうどよく、その方が健康的に見えるし、生命を維持できると感じた。でも、今も食欲はないままで、退院後4kgは増えたけれど、あと2kgは増やしたいです」

少しもタバコが吸いたくないし、お酒も飲みたくない

1 2