堅実女子ニュース&まとめ 2人に1人がオンライン会議に不満あり!「相手の音声が聞きづらい」よりも票を集めた不満1位とは?

在宅ワークやオンライン会議を導入する企業が増えましたが、みなさんの会社はいかがでしょうか。GNオーディオジャパン株式会社が、全国の20~50代の働く男女500人を対象に実施した調査によると、約4割の人がオンライン会議が増えた」と回答しています。調査結果からは、オンライン会議への不満などが浮き彫りになりました。

オンライン会議、慣れましたか?

2019年に比べて約4割の人が「2020年はオンライン会議が増えた」と実感

アンケートでは、約4割の人が「2019年に比べて、2020年はオンライン会議が増えた」と回答。会議のオンライン化を実感しているようです。2019年以前よりオンライン会議を実施しており「変わっていない」と答えた人と合わせると、2人に1人がオンライン会議を実施していると考えられ、徐々にオンライン会議が浸透していることがわかります。

地域別でみると、特に増えたことを実感している回答者が多かったのは関東地域で、58.2%の人が増加を実感していました。

2人に1人がオンライン会議について不満あり!?

オンライン会議に関する不満については、2人に1人が何らかの不満を抱いていると回答しました。具体的な不満については、「発言タイミングに困る(26.8%)」と答えた人が最も多く、続いて「相手の音声が聞きづらい(20.5%)」、「相手の接続環境が悪く、一時中断することがある(16.7%)」という回答が多い結果になりました。

オンライン会議への不満の約3割は「音」に関連

オンライン会議に関する不満のうち、約30%は「音」に関連。相手の音声が聞きづらい、周囲の雑音が気になる、声量を大きくしなければならないなどが選ばれていました。
対面で会議をしているような感覚になれる一方、コミュニケーションの要になる「音」に不備があると気になってしまう人も一定数いるようです。

また、オンライン会議中のPCやオンラインツールなどのシステムトラブルについては、約4人に1人が「その会議だけでなく、その後のビジネスに直接影響する」と感じており、特に30代は約3人に1人が影響を感じると回答。さらに「ビジネスに直接影響はしないものの実は気になっている」人が7.8%いました。これからの課題と言えそうです。

1 2