堅実女子ニュース&まとめ 台湾の天才IT担当大臣、オードリー・タン氏に学ぼう!女性の自由な生き方と、関連する英語フレーズ

台湾の大臣であるオードリー・タン氏。長い髪を持つ異色の大臣を目にしたことや、その名前を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。トランス・ジェンダーであることを公表しているタン氏は、「自由」について明確な定義を持っています。

今回は、天才プログラマーであり、現政権のデジタル担当政務委員を務めるタン氏について英語フレーズと共にご紹介します。

オードリー・タン氏とは?

タン氏は14歳で学校を辞めた

1981年にジャーナリストの両親のもとに生まれた、オードリー・タン氏。8歳にして独学でプログラミングを学び始め、学校を14歳で辞めています。その後はプログラマー・ハッカーやソフトウェア企業の立ち上げを経験し、米Appleでの顧問なども務めました。

インターネットの誕生・普及が、タン氏の生き方を決定づけた最初の一歩でした。

男性と女性の思春期をどちらも体験したというオードリー・タン氏は、現在の性別について「なし」とコメント。この点においても、台湾における幅広い自由を感じることができますね。

In 2005 Tang began transitioning to female.(タン氏は女性になるための移行を始めた)

★キーワード
Transition:遷移、移行

タン氏を世界的に有名にした「マスクマップ」

新型コロナウィルスへの感染拡大が始まったころ、世界中でマスク需要が高まりました。同時期、オードリー・タン氏はマスクの在庫が一目でわかるアプリ「マスクマップ」を開発。これにより、台湾のみならず世界中で名前が知られる存在となりました。

国民のマスク不足への不安を解消し、パニック抑制にも繋がった「マスクマップ」。

また、2016年に35歳という若さで現蔡英文政権に入閣し、デジタル担当政務委員(大臣)に就任したのです。

★キーワード
Digital minister:デジタル担当政務委員(大臣)

1 2