堅実女子ニュース&まとめ 「マスクシンドローム」に注意!マスク習慣化後の体の不調・変化TOP3、3位喉の乾燥や咳、2位肌荒れ、1位は?

外出時のマスク着用、もう慣れたとはいえ、やはり憂鬱……という人も多いのではないでしょうか? 株式会社ロッテが20代~60代の男女400名に行った調査によると、3人に1人がマスク着用による体の不調を感じていることが判明。そして約半数の人がマスク着用時の健康リスクを理解していないことがわかったのです。そこで今回のテーマは、マスク着用時に起こる様々な症状を及ぼすリスク「マスクシンドローム」。その実態を知れば、今後マスクと上手に向き合えるかもしれません。

※「マスクシンドローム」とは、マスク着用によって引き起こされる症状のこと。肌荒れや口臭など自覚しやすいものから、集中力の低下やうつ病など意識するのが難しいものまで様々な症状を総称。

マスク着用のリスクTOP3は「集中力の低下」「肌荒れ」「咳が増えた」

マスクを習慣的に着用するようになってからの体調の変化について尋ねたところ、「とても感じる」「やや感じる」という人は合わせて32.1%。年代別に見ると、20代女性は50%が何かしらの不調を感じていることがわかりました。その内容を尋ねてみると最も多かったのが2人に1人が感じている「頭がぼーっとして物事に集中しづらくなった」。そして4割以上が感じている「肌荒れするようになった」「喉が乾燥するようになった、咳が増えた」が続きます。

★マスク習慣化後の体の不調・変化ランキング★
1位 頭がぼーっとして物事に集中しづらくなった  50.8%
2位 肌荒れするようになった 44.5%
3位 喉が乾燥するようになった、咳が増えた 40.6%
4位 顔にかゆみが出るようになった 38.3%
5位 頭痛やめまいを感じることが増えた 35.9%
6位 ほうれい線、シワ、たるみが目立つようになった 18.0%
7位 便秘になった  18.0%
8位 虫歯・歯周病にかかった 8.6%

マスクによる不調を全く感じない人も約2割
1 2