堅実女子ニュース&まとめ コロナ禍で増えた「家庭ごみ」。少しでも減らすために、私たちができる工夫とは?

家で過ごす時間が増えたコロナ禍では、各家庭からでるごみの量も増えているようです。自治体によっては、家庭からでるごみの量が増えたことで回収に時間がかかっていたり、持ち込みの粗大ごみが増えているところもあると聞きます。

コロナ禍、家の掃除にハマった人も多いとか?

そこで今回は、日本トレンドリサーチが全国の男女2800名を対象に実施した「ごみ」についてのアンケート調査から、みんなが家庭ごみを減らすためにしている工夫について紹介します。

まず、このコロナ禍で在宅時間が増えたかを聞いたところ、「とても増えた」が28.3%、「やや増えた」が37.2%で、合わせて65.5%の人は在宅時間が「増えた」と回答。リモートワークや外出自粛で、家で過ごす時間が増えていることがわかります。

家で過ごす時間が増えるとごみの量は……?

続いて、コロナ禍に入り、家庭ごみの量は増えたかについて聞きました。

約半数が「家庭ごみが増えた」と回答

「とても増えた」が10.8%、「やや増えた」が39.5%で、合計すると50.3%の人は家庭ごみの量が「増えた」と回答しました。
「増えた」人と「減った」人、それぞれの回答理由については以下となります。

「とても増えた」「やや増えた」回答理由

・なるべく出掛けないように、食料品を買いだめしていた(40代・女性)
・家での食事が多くなって外食が減ったから。ストレスでお菓子を沢山食べるようになったから(10代・女性)
・空き缶が増えた。ビールをよく飲むようになった(40代・男性)
・テイクアウトで食事する際の、容器などのゴミが増えた(30代・女性)
・家にいることでティッシュの使用量が増えた。部屋の掃除を小まめにすることでごみが増えた(20代・女性)

「とても減った」「やや減った」回答理由

・お友達が遊びに来なくなり、ホームパーティーもしなくなってしまったから(50代・女性)
・時間にゆとりが出来て自炊でまとめて料理を作る機会が増えた結果、弁当や惣菜やペットボトル類を買う機会が減ったから(40代・男性)
・節約しているため(50代・女性)
・買物に行くのを減らしているので、あるもので何とか生活しています。結果、新しいものを購入する機会が減ってゴミの削減とお金の節約両方ができているように思えます(50代・女性)

今回の調査では、家庭ごみの量が「増えた」人は約半数、もう半数は「変わっていない」や「減った」と回答していました。堅実女子のみなさんはどうでしょうか。

1 2