堅実女子ニュース&まとめ 有名人と会えたりする?お給料は?レアなお仕事体験談〜映画やドラマのエキストラ編〜

世の中にたくさんあるお仕事の中から、少しレアで気になる職業の体験談を紹介していきます。

今回フォーカスを当てたのは、映画やドラマ、ミュージックビデオなどのエキストラのお仕事! 有名人に会えたり、映画やドラマ制作の様子を垣間見れるのは面白そうですよね。気になる仕事内容やお給料などを伺ってみました。

役柄はゾンビやチンピラなど

お話を伺ったのは、舞台役者のユウさん(男性/36歳)。小さな芸能事務所に所属しており、そこで時々エキストラの仕事を紹介してもらっています。

「僕がよくいただくエキストラの仕事は、B級映画と呼ばれる低予算の映画、少し知名度のある監督や演出家の映画やドラマ、インディーズのミュージックビデオとかです。

一応役者をやっているので、少し演技が必要なエキストラの仕事もきます。例えば、戦闘シーンで戦う大勢の中のひとりだったり、ゾンビの役やチンピラの役、大道芸人の役…。少しコワモテなので、そんな感じの役柄が多いです(笑)」

エキストラの給料は結構少ない?

エキストラの気になるお給料はどのくらいなのでしょうか? 映画やドラマはお給料が良さそうなイメージですが…。

「エキストラの仕事は、給料は正直、良くはないです。日当で一万円行けばいい方という感じです。ゾンビやチンピラとかの端役という感じのエキストラでは、そのくらい貰えますが、もっと役柄がないタイプのエキストラだったら、ボランティアだったり、ほんのお小遣い程度だったりします。

とにかく拘束時間がすごく長いし、予定をマルッと空けておかなきゃならないので、割に合うお仕事とは言えないかも知れませんね。

例えば、 3日間くらい撮影の予定日を言い渡されて、その期間は何の予定も入れられません。撮影の進行具合によってスケジュールが色々変わるので、いつでも大丈夫なようにスタンバイしておかなきゃいけません。

『撮影明日になりました。どこそこに◯時集合になります』と連絡が来て、貸切バスとかに乗って撮影現場に行きます。早朝に出かけて深夜までほぼ待ち時間だったりすることも……。予定より早く撮影が終わることもありますが、3日間ずっとそんな感じで待っていたりもします。

待つのは疲れますし、時給に換算すると割に合わないかも知れません。実際の撮影は20分〜40分程度で、使われるのは1分もなかったり」

メイクの技術が勉強になる!

早朝から深夜まで待ち時間というのは、確かにしんどそうですね……。エキストラの仕事で、楽しいのはどんな部分でしょうか?

「例えば、ゾンビの役のエキストラの時は、メイクさんによってゾンビ風メイクをしてもらえるんですが、その工程を見られるのは勉強になります。僕は舞台の時は自分でメイクをするので、ゾンビっぽい傷の作り方とか、顔色の悪いメイクとか、そんなテクニックを学べるのはありがたいですね。化粧道具とかも『あ、こういうやつ使うとこうなるんだな〜』って見ていて、後で自分でも買ってやってみたりします。

他には、ケータリング(※)が豪華なことはよくありますね。結構有名な飲食店のケータリングが来ていたり、その時話題のものが食べられたりします」

※撮影現場などで食事を提供してくれる出前サービスのこと

有名人に会えたりする?

エキストラと言えば、憧れの有名人が出ていたりするとワクワクしそうですが、そのあたりはどうなのでしょうか?

「例えば、好きな有名人が出ている映画に出演しているとしても、会えるとは限らないんですよ。残念ながら…。シーンはたくさんありますし、全く会えないこともあります。

ただ、現場によっては有名人の間近に配置されたり、気さくな方だと話せることもありますね」

エキストラは待つのが仕事だそう。

撮影時間は少なく、ほぼ待ち時間だというエキストラのお仕事。下積み時代にエキストラを経験した著名な俳優さんも少なくないようです。撮影の裏側を体験するのは面白い経験になりそうですね!

取材・文/まなたろう