堅実女子ニュース&まとめ 「楽しかった!」気持ちを英語で伝えられる?「have」を使った便利フレーズ3選

覚えておきたい「had a blast(have a blast)」

「have a blast」の使い方
先ほどご紹介した「have fun」や「have a good time」より少し難易度の高いフレーズが、「had a blast」です。

「blast」には爆風や突風、ラッパなどの強い一吹きという意味がありますが、スラングとして使用される場合には「にぎやかなひと時」というニュアンスになり、「You’ll have a blast!(きっと楽しいよ!)」や、「I had a blast(とても楽しかった)」と伝えることができます。

「have a blast」を使う際の注意点
「blast」は、良い意味と悪い意味の両方を持ちあわせた言葉です。例えば、「blast it」と表現すると「ちくしょう!」という意味に……。使い方には注意が必要ですが、適切なタイミングで「I had a blast」と使う分には問題ありませんよ。

「had fun」や「had a good time」という表現に慣れた場合には、「I had a blast」をアクセント的に使用して会話にバラエティーを生みだしてみましょう。

【ワンポイント】日本語でよく使う言葉を英語にしてみよう

今年こそ英語を話せる自分に!

人に感謝を伝える際の便利なフレーズは、人間関係を円滑に進めるためにも覚えておいて損はありません。

日本語で話す際に“この言い回しはよく使うな”というものを見つけたら、頭の中で英語に直す練習をしてみましょう。日常の中に英語への翻訳を組み込むことで、英語の上達スピードも早まるはずですよ。

文/山根ゆずか

1 2