堅実女子ニュース&まとめ 「了承済み」の意味と正しい使い方は?使う相手に注意

『了承済み』には、相手の事情を理解した上で受け入れるという意味があります。ビジネスシーンでは、上司やクライアントに許可を得た場合に用いるケースが多いでしょう。『了解』や『承諾』との違いや、正しい使い方を例文とともに紹介します。

「了承済み」の意味とは?

『了承済み』は、日常会話やビジネスシーンでたびたび登場する言葉です。『了承』は、了解や承知と混同されがちですが、微妙にニュアンスが異なります。意味を正しく理解し、適切に使いましょう。

「了承」とは事情を理解し受け入れること

『了承』とは、相手の事情を理解した上で納得して受け入れることです。同意するという意味合いが含まれており、ビジネスシーンでは『了承済み』『了承を得る』『了承をいただく』などの言い回しで使われるケースが多いでしょう。

『了』の字が持つ意味は、『終わる』『よくわかる』『悟る』です。『承』には、『受け継ぐ』『受け入れる』『聞き入れる』などの意味があり、二つの意味が合わさって『事情を理解し受け入れる』という意味になります。

了承の対義語にあたるのは、 『拒絶』『反対』『拒否』などです。

すでに許可を得たことを伝える言葉

『了承済み』はビジネスシーンにおいて、すでに許可を得たことを相手に伝える際に用いられます。了承に、物事が完了する・解決するという意味合いを持つ『済む』を付け足した言い回しです。

・価格の修正については、すでに先方の了承済みです。
・関係部会で了承済みの案件を報告いたします。

会社では上司や同僚に報告するシーンでよく用いられます。すでに相手の許可や承認が得られているときは他の人が重ねて確認しないように、「了承済みです」と前もって伝えておくのが適切です。

「了承」の正しい使い方

一般的に了承は、目上の相手から許可や承諾をもらうときに用います。『了承』は、自分と同等の立場や目下の相手に聞き入れてもらったときにはあまり使いません。了承を正しく使えるよう、具体例を挙げながら解説します。

了承は目上の人が目下にするもの

『了承』という言葉自体に尊敬の意味は含まれていませんが、目上の人が目下に対してするものというのが一般的な認識です。

了承は『認める』『許可する』といった、やや上から目線のニュアンスを含んでいます。ビジネスシーンでは上司から許可を得るときに使うケースが多いでしょう。

取引先やクライアントからの承諾を得ていることを、社内の人間に伝える際にも用いられます。

・企画内容に了承をいただけましたら、その旨お返事くださいますようお願いいたします。
・先方の了承を得ましたので、さっそく図面作成に取りかかりましょう。
・契約後の変更はいたしかねることを、あらかじめご了承くださいませ。

目上の人へは「承知しました」を使う

相手の話や提案を納得して受け入れる場合、「了承しました」という返答は間違っていません。

シンプルで使い勝手のよい言い回しですが、「あなたの考えを許可するよ」という上から目線のニュアンスになるため、目上の人に使うのは避けたほうが無難です。

自分と立場が同等か、部下に対して使うのが一般的です。上司やクライアントなど立場が上の相手に対しては、「承知しました」を使いましょう。

『承知』は、『事情を知る』『依頼や要求を聞き入れる』などの意味があります。承知は謙譲語ではありませんが、『承る』と同様に、へりくだって相手を高めるニュアンスが含まれています。

了承を得たいときの伝え方

目上の人に自分の意向や提案を受け入れてもらいたい場合は、「ご了承ください」「ご了承願います」などを使います。

「ご了承ください」とだけ伝えると、事務的で冷たい印象を与えるため、クッション言葉や相手を思いやるフレーズを添えるのがポイントです。

・恐れ入りますが、内容の変更にご了承をお願いいたします。
・あらかじめご了承いただけますと幸いです。
・申し訳ございませんが、参加人数によっては、イベントが中止になることをご了承くださいませ。
・ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

似た表現との使い分けもチェック

『承諾』や『了解』は了承の類語ですが、使い方や相手を間違えると失礼な印象を与えてしまう場合があります。いつ・誰に対して使うかを見極めましょう。

「了承」と「承諾」の違い

『承諾』の『諾』には、『他人の依頼を受ける』『応える』『承諾する』などの意味があります。

『了承』は相手の意見や要求を聞き入れることに重きが置かれるのに対し、『承諾』は、相手の意見を聞いたうえで、最終的に引き受けるという意味合いが強めです。

ビジネスにおいては、取引や契約を結ぶシーンでよく用いられます。

・先方の承諾が得られたため、プロジェクトは続行します。
・未成年者が申し込む場合は、親権者の承諾が必要です。
・結婚式のスピーチは鈴木さんが快く承諾してくださった。

「了承」と「了解」の違い

『了解』は、事情や内容を知って納得する・理解するという意味の言葉です。了承と似た言葉ですが、了解には相手の申し出や事情を理解し『認める』というニュアンスがありません。

例えば相手の話や指示に対し、自分の理解を伝えるときは「了解しました」と答えます。友だちや同僚とのメールのやりとりでも、「了解です」と返すことは多いでしょう。

ただし『了解』を使うことができるのは、立場が同じまたは目下の相手に対してだけです。上司に指示を受けた際、「了解しました」と答えると失礼な印象を与えてしまいます。

・明日のランチ会は、11時半からの開催になりました。―了解しました。
・このアンケート結果は、子どもたちの了解を得て公開しております。

まとめ

『了承済み』は、すでに許可や承諾が取れたことを相手に伝えるときに用いられれる言葉です。『了承する』のは上司やクライアントなど上の立場にいる人であり、自分と同等の立場の人や部下ではありません。

『許可する』『認める』というニュアンスを含んでいるため、使う相手に注意する必要のある言葉です。

了承の類語には、承諾や了解が挙げられます。上手に使い分けることができれば、ビジネスでのやりとりがよりスムーズになるでしょう。