堅実女子ニュース&まとめ コロナ禍で住みたい街に変化あり! 首都圏の人気駅ランキング、3位流山おおたかの森、2位浦和、1位は!?

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけとして、私たちの働き方や生活スタイルは大きく変わってきています。それは、住みたいと考える街についても変化をもたらしているのでしょうか。

あなたが気になる街はランクインしていますか?

株式会社オウチーノは、新型コロナによる住みたい街に対する考え方への影響を調べることを目的に、2020年のコロナ禍期間(2020年4月~12月)と、前年同期間(2019年4月~12月)の「オウチーノ」サイトへのアクセス数を集計。両期間に閲覧数が多かった首都圏の人気駅ランキングを発表しました。その結果をご紹介します。

2020年コロナ禍、人気駅ランキングトップは「辻堂駅」

2020年4~12月にアクセス数が最も多かった駅は、神奈川県の「辻堂駅」となりました。次いで埼玉県の「浦和駅」、千葉県の「流山おおたかの森駅」と続いています。

人気駅ランキングトップ3は「辻堂駅」「浦和駅」「流山おおたかの森駅」

第1位の「辻堂駅」は、近年の再開発により買い物スポットや医療施設が充実、子育てや仕事、趣味を楽しむといった環境を考えた生活を送ることができる街として支持されているようです。

第2位の「浦和駅」は、主要駅へのアクセスの良さに加え、駅前の商業施設や商店街が充実、さらには学校が多くファミリー層が中心で夜間でも治安が良いともいわれています。

第3位の「流山おおたかの森駅」は、つくばエクスプレスの開通後、秋葉原など都心へのアクセスも良く、「流山おおたかの森S・C」をはじめとした4つの大型商業施設に加え、2021年3月末には駅前に新たな商業施設の開業を予定しており、今後も子育て世帯からの人気がより一層高まりそうです。

コロナ禍前(2019年4月~12月)とコロナ禍(2020年4月~12月)の順位を比較すると、第2位の「浦和駅(埼玉県)」が10位から順位をあげ、「大宮駅(埼玉県)」、「北千住駅(東京都)」、「たまプラーザ駅(神奈川県)」、「高尾駅(東京都)」が圏外から10位以内にランクインしたことなどから、コロナ禍でリモートワークが普及してきたことなどを背景に、都心から少し離れた住みやすい郊外駅の人気が高まっているようです。

一方、2021年1月~2月の最新データにおいては、首都圏の人気駅トップ3の順位に変動はないものの、「大泉学園駅(東京都)」「成城学園前駅(東京都)」「橋本駅(神奈川)」などが、新たにトップ10に入りました。

【首都圏】人気駅ランキング
1 2