堅実女子ニュース&まとめ “シワ悩み”は35歳が最初の曲がり角!気になるシワ部位1位はどこ?

加齢とともに増える肌悩み。中でも特に年齢が出やすい悩みと言えば「シワ」なのでは? 

株式会社ナリス化粧品が20〜59歳の全国の女性約2,000名に行ったアンケートによると、最も気になるシワの部位は「ほうれい線」と判明。また、加齢とともにシワが気になっている人が多いにもかかわらず、意外とケアをしている人は少ないことも明らかに。では、以下で詳しくその実態を見ていきましょう。

気になるシワの部位、1位は「ほうれい線」

シワができやすい8つの部位「おでこ」「目元や目尻」「ほうれい線」「眉間」「口元」「手指」「顔全体」「首元」ごとに、どれくらい「シワが気になるか」を尋ねてみると、最も多かったのは「ほうれい線」と判明。4人に1人が「とても気になる」と回答し、「まあまあ気になる」人を合わせると6割以上の人が気になっていることがわかりました。次いで「手指のシワ」は「とても気になる」と「気になる」を合わせて53.1%、「目元や目尻のシワ」は合わせて49.3%でした。

口元とおでこのシワを気にしている人は少ない傾向に…

「シワ悩み」の曲がり角は、35歳と55歳ごろ

部位ごとに聞いたシワの悩みを年齢別で聞いてみると、「気になる」部位の1位である「ほうれい線」は、35歳~39歳を境に「気になる」人が増加し、67.3%に。さらに50代を超えると3人に1人以上が「とても気になる」と答え、55歳~59歳の「とても気になる」と「気になる」人の合計は75.2%になることがわかりました。

35歳で「気になる」人が急増! 
1 2