堅実女子ニュース&まとめ 「ご理解ください」の使い方と注意点とは?他の表現方法も合わせて紹介

『ご理解ください』は相手に分かってほしい事情があるときなどに使われます。ただし相手や状況によって、失礼な印象にならないように注意が必要です。使い方や類似表現を覚え、失礼のないやりとりを心掛けましょう。

「ご理解ください」の使い方と注意点

『ご理解ください』を正しく使うために、まずは意味や使い方をチェックしましょう。

相手に事情を分かってほしいときに使う

『分かる・悟る』という意味の『理解』に、尊敬の接頭語『ご』・『くれ』の尊敬語『ください』をプラスすると、『ご理解ください』となります。

「立場や状況を察してくれ」というお願いを丁寧にした言い回しです。事情を分かってもらった上で、許しを求めるときに使います。

事前に内容を理解しておいてほしいときには、『予め(あらかじめ)』を付けて『予めご理解ください』という表現が適切です。

目上の人には失礼になる場合も

『ご理解ください』正しい敬語表現ですが、一方的にこちらの要求を通すようなニュアンスがあるため、やや丁寧さに欠ける言い回しともいえます。

取引先やお客様に対して使うと失礼と判断されることもありますので、使う相手には注意が必要です。余計なトラブルを生まないためにも、社内の上司などに使用する程度にとどめておくのが無難でしょう。

表現を和らげる言葉を追加しよう

強制的な印象のある『ご理解ください』を使うときには、柔らかなニュアンスをプラスできるクッション言葉を加えるのがベターです。クッション言葉の効果や実際に使える例文を紹介します。

クッション言葉を活用

お願いや言いにくい内容の前に一言プラスし、相手への気遣いを示す言葉を『クッション言葉』といいます。『ご理解ください』のようにやや強制的な印象のあるフレーズに使うと、全体の雰囲気を柔らかにできるのがメリットです。

名前のとおり衝撃を吸収するクッションとしての働きがあり、ストレートに伝えるときつい表現も、失礼な印象を与えずに伝えられます。

使い方の具体例

クッション言葉を使うと、『ご理解ください』が持つ印象はどのように変わるのでしょうか?思いやりや配慮を伝えられる、『ご迷惑をおかけしますが』『恐れ入りますが』などを使った例文を紹介します。

・明日の会議は〇〇で開催することとなりました。急な変更ではございますが、何卒(なにとぞ)ご理解くださいますようお願い申し上げます。

・発送は営業日のみのため、注文日時によっては到着が遅れますこと、恐れ入りますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

・改装工事をしており通路が狭くなっております。ご迷惑をおかけしますが、どうぞご理解ください。

『ください』を使っていても、クッション言葉のおかげで柔らかい雰囲気になっていることが分かでしょう。

「ご理解ください」と使い分けたい類語

『ご理解ください』には似た意味を持つフレーズがあります。それぞれの違いを把握することで、伝えたい気持ちや状況に応じた使い分けが可能です。

許しを求める「ご容赦ください」

『許してください』『大目に見てください』という意味の『ご容赦ください』は、許しを請うときに用いる言葉です。相手の希望や要望に添えないときや、前もって断りを入れるときに使います。

・期日を過ぎましたが納品が確認できず、ご連絡いたしました。なお行き違いで納品されている場合には、何卒ご容赦ください。

・提示いたしました予算が最低ラインとなっております。質の低下を避けるための対策ですので、 何卒ご容赦ください。

ただし明らかに自分に非がある場合、『ご容赦ください』は使えません。場合によっては批判やさらなる怒りを買うこともあります。

相手に不利益になるかもしれない、失礼にあたるかもしれない事柄への許しを請う場面でのみ使いましょう。

受け入れてほしいときに使う「ご了承ください」

『ご了承ください』も『ご理解ください』と同じように、分かってほしい・察してほしいというお願いのフレーズです。『ご理解ください』と違い、納得し受け入れてほしいというニュアンスを含みます。

敬語の形を取ってはいますが、意味合いによって上から目線の印象を与えかねません。取引先はもちろん社内の上司に使う場合に使うのは避けた方がいいでしょう。

目上の人にも使える「お含みおきください」

目上の人にも使える言い回しに『お含みおきください』があります。相手の不利益になる可能性があることを、事前に把握しておいてほしいときに使えるフレーズです。

『ほぼ問題が起こることはないが、もしものときに備えておいてほしい』というニュアンスも伝えられます。

「〇月〇日より夏季休暇のため一時ご利用いただけなくなりますことを、お含みおきください」とすれば、使えないという不利益に対して「前もって把握しておいてくださいね」という意図を丁寧に伝えられます。

ただし『お含みおきください』を使うのは文書が主で、会話ではほぼ使わない点に注意しましょう。

まとめ

立場や事情を分かってほしいという意味で使う『ご理解ください』は、やや強制的なニュアンスを含む点に注意が必要です。取引先で使うと礼儀を知らない人と判断されるかもしれません。

目上の相手へ使用するときには『恐れ入りますが』などのクッション言葉を活用し、柔らかな印象をプラスしましょう。類語の『ご了承ください』も同様で、相手によっては要注意です。

許しを求めるときの『ご容赦ください』や、念のため把握してほしいときの『お含みおきください』など類似表現は多くあります。それぞれの意味を正しく理解し、状況に合わせて使い分けましょう。